初の秋冬シーズンを迎えるトレイルランナーに必見!点と線で連なる名作 ”PATAGONIA CAPILENE® 4 EXPEDITION WEIGHT 1/4-ZIP HOODY”


10736127_949218118425727_1932979300_n

スタッフ菅原です。台風シーズンが過ぎ、気温もグッと下がり始める時期になってきました。徐々に肌寒い季節になってきて、半袖からそろそろ少し保温性のある長袖のシャツを羽織って走りたい。そんな方にオススメしたいウェアがあります。トレイルランナーの秋冬大定番ウェアであり、僕のお気に入りのウェアでもあるパタゴニアの キャプリーン4・エクスペディションウェイト・1/4ジップ・フーディです。多用途に使え、幅広い気温に対応するウェアです。所謂みなさんが”キャプ4”と呼んでいるウェアですね。

下の写真のように、生地の内側に施されたグリット構造が特徴的です。このボコボコしたグリッド部分は保温性という役割もありながら、肌の表面の汗を吸い上げ生地全体に大きく拡散し、風と体温で汗をドンドン空気中に放散する役割があります。同時に平べったい部分では通気性を提供してくれます。

その場でじっとしてる時や運動量が発生していない時にはほどよい保温性があり、走り出すとキャプ4の中を風が抜けるといった非常に保温性と通気性のバランスがとれたウェアです。

生地の内側に施されたグリット構造が絶妙な保温性と速乾性を実現している

生地の内側に施されたグリット構造が絶妙な保温性と通気性を実現している

秋冬の時期は運動量や天候などによってウエア内の温度が暑かったり寒かったりと感じやすい季節でもあります。このウェアのすごいとこはそんな状況も瞬時に対応できるところ。

寒い時には、フィット感が抜群なフード(かぶるとバラクラバ=目出し帽になります)をかぶることによって寒くなるのを防ぐことができます。耳の後ろには毛細血管がたくさん集まっている場所なので、秋冬はそこを暖めるのがキー。フードをかぶることによって耳を守り、一気に温かさが増します。逆に暑いときは、お腹までのびた長めのフロントジッパーでベンチレーション(換気)できるのがすごい。温度調整がしやすいウェアというところが非常に好きな点です。

汗濡れと風は体温を奪うもっとも危険なコンビネーションです。秋冬でも比較的温かかったり、寒い時期でも運動量が高いアクティビティをする時は単体で着用をオススメします。それでも風が強い時等は、風が抜け過ぎて寒く感じる時もあると思うので、薄手のウインドストッパー(パタゴニアで言えば、フーディニJKT)等を一枚羽織るといいと思います。

生地自体にはスパンデックスといったストレッチ素材を使っているので動きやすく、身体の動きに合わせて伸び縮みするのでハードなトレイルランニングでも活躍します。

パタゴニア独自のグラディオドー防臭加工が汗などによる、生地からのにおいを防いでくれるので、毎日ガンガン使え、連日のテント泊にも活躍します。トレイルランニング、ロードランニング、スキー&スノーボード、クライミングやツーリングなどにも多用途に使えるので、どんなアクティビティにも対応できるのがこのウェアの良さでもあります。

 

メンズのカラー展開

メンズのカラー展開

 

ウィメンズのカラー展開

ウィメンズのカラー展開

 

軽量ですっきりしているけど温かくこれからの時期のトレイルランニングのキーとなってくるウェアです。僕もこの時期から徐々にこのウェアを着る機会が増えてきて、12月頃になるとヘビーローテーション間違い無しのウェアです。お店にもメンズ、ウィメンズとも展開してます。また、フードなしモデルもありますので、秋冬のウェアのチョイスに困っている方がいれば、是非このキャプ4をご検討してみてはいかがでしょうか。

通販も対応しますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

Run boys! Run girls!
TEL:03-5825-4534
info(a)rb-rg.jp ※(a)を@に変えてください

10357990_856861560994717_1218613551_n

ノリ

1986年、秋田生まれ。

本名 菅原徳人(スガワラ ノリヒト)

国際教養大学大学院卒業後、2013年4月、パタゴニアに入社。(ベイサイドアウトレットストアスタッフ)掛け持ちしながら Run boys! Run girls! で働いている。高校時代、野球・語学留学をしにアメリカ・テキサス州に単身留学。野球でチームが優勝し、自身も州ベストナインに選ばれる。テキサス州選抜チームのメンバーに選ばれ、他州の代表チームとの試合で全米各地を回る。

大学生時代にパタゴニアの創業者イヴォン・シュイナードの著書「社員をサーフィンに行かせよう」を読み、将来の働き方・生き方について考え始める。大学院時代にランニングにはまり、走り始めて10ヶ月でウルトラマラソンを走りきる。

旅行で来たハワイで山の中を走るトレイルランニングというスポーツを知り、その魅力にはまり、海外で働くつもりでいたが一転、自分の好きなライフスタイルをどっぷりできる環境を探し、鎌倉へ。

日々仕事と遊びの境目が無い生活を追求中。