女子ばっかり10名!「はじめてのトレイルランニング」レポート


12516015_817221178389741_85692884_n

みなさまこんにちは。陽子です。3/13に逗子葉山エリアではじめてのトレイルランニングイベントを開催いたしました。 女子ばっかり10名!どんな雰囲気だったのかご報告いたします。

普段はパタゴニアで働いているのですが、Run boys! Run girls!の「はじめてのトレイルランニング」イベントを担当させていただいています。

はじめに公園でチェックイン。皆さんに自己紹介をしてもらいました。ロードを走っています、走ることが数年ぶりです、トレイルランは数年やっているけれどガチじゃなく楽しみたいです、スピードに自信がないから歩いたり走ったりというのに惹かれました、子供とレースに出るんです、などなど。こうしてお互いのことを知ると安心できるし距離が縮まります。なのでこのチェックインの時間てとても大切なんです。

その後、靴のこと、ザックの合わせ方、行動食など装備のお話を少し。ハイドレーションを使うのが初めてでなぜか水が吸えない!という方がいたりして、空気を抜いて閉めることや冷凍保存するとカビないことなんかをお伝えしました。最初ってこうだったよなぁとなんだか懐かしく思いました。 そしていよいよトレイルに向かいます。 まずは歩きでトレイルに慣れてもらいます。登りきったところで、ハイカーさんを見つけたら歩くことや、木の根など足元の注意点を少しだけお伝えしました。今日のイベントは走り方云々ではなく楽しんでもらうことが目的!というわけで早速スタート。

12596191_817220725056453_1519870445_n

「うぐいすが鳴いてる〜」 「海が見えた!」 女性が10名も集まると1人では見つけられなかったものも色々と発見できます。 景色のいい所に行けば「わぁ綺麗!」と言って写真を撮る。パチリ。

12596391_817221845056341_165794452_n

植物やオブジェを見つけては「可愛い〜!」と言ってパチリ。

12476157_817221808389678_1136735781_n

河原に降りて「気持ちいい〜」とパチリ。

12325012_817221835056342_1339091341_n

女性の視点て面白い。 こんな感じで終始わいわいと走っていきます。 逗子葉山は人の生活のすぐ裏にある里山でもこんなに冒険チックに遊べます。 川を渡ったりもします。

12516469_817223045056221_1458809766_n

そういえば誰も「辛いー」とか「もーやだ」とか言ってなかった。(多分。) 登りが続くパートで、ここ走ったらついてくるかなー?と思って走りながら振り返ると、歩いていました。それでいいんです!無理〜と思ったら歩いたらいいんです。で、また走りたいところにきたら走ったらいいんです。無理についていこうとしないで今日の自分のちょうどいい感じで進めばいいのです。 最後、緩やかな下り基調のパートでは前の人と間隔をあけて走っていただきました。 皆さん気持ち良さそう!

804693_817221211723071_437753447_n

こんな感じでわいわい走って終わってみたら、あら12キロも走ったんだね!あっという間だったね!全然大丈夫だったーと。

12092324_817223061722886_1274570726_n

あーよかった! トレイルが終了して駅に向かう途中、逗子のカフェの前を通ると、今度はここでクラフトビールを飲むところまで含んだイベントをしようと盛り上がったり、ここのドーナツ屋さん美味しいよと伝えると、「食べたいー!」とお店に入っていったり。

12443271_817223055056220_1045474826_n

駅前のパン屋さんの食パンと全粒粉バケットが美味しいよと伝えると「買ってく〜」と。 逗子のお店にみなさん興味津々です。イベント後は7名で昭和レトロな定食屋さんでお昼ご飯。もちもちの餃子をつまみに乾杯もしちゃいました。 ご飯を食べながら今日撮った写真をシェア。あれ、こんな植物もあったんだとまた新しい発見がありました。ここで紹介させてもらった写真もみんなの寄せ集めです。 駅前で別れた後、プリンまで買って帰った方もいたそうです笑 先日のピーナッツランの報告でも小湊鉄道で焼き芋を食べる女性のくだりがありましたが、山で遊んだついでにその土地の美味しいものを食べるのってすごく楽しみです。(焼き芋食べに小湊鉄道に乗りたくなりました。)

私の場合、牧場のビックソフトクリームがお目当てのソフトクリームラン、パン屋さんのモーニングがお目当てのブレドールモーニングラン。(仲間内では略してブレモーランと呼んでます。)陣馬そばを食べたいから陣馬山に走りに行くとか、ほうとうのために河口湖に走りに行くとか。たくさんあってきりがないです笑 この気持ち、男性にもわかるかなー。 そういうものを楽しみに(どちらかというとそっちがメインみたいな笑)走るトレイルランの楽しみ方もあってもいいのだと思います。 もちろん、食べ物だけでなく、その土地ならではの風景を見に行ったり、蔓や木の実を持ち帰ってリースを作ったり、ガールズトークするために走りに行ったり、温泉が目的だったり。お花見や川遊び、紅葉、雪遊びなと季節の楽しみを取り入れたりと、トレイルの楽しみ方は無限大です。

レースもその楽しみ方の1つだと思っています。地方に行って地元の方と触れ合ったり、ロングレースは人生1回分くらいのいろんな感情に出会えたり、自分の成長を確認できたり。エントリーするとその日に向けて練習するし、頑張れば結果もついてくる。 走る理由、口実は何だってよくて、誘われたから走りに行く、楽しかったからまた走りに行く、それを何度も何度も繰り返すうちに気付いたら体力がついて走れる身体になってくる。自信につながって気持ちも変化して。楽しそうにしていたら楽しそうな人が集まってきて仲間が増えたり、自然への想いが芽生えたり。ポジティブなエネルギーに変化して、トレイルにいる時だけでなく、日常生活にもいい影響が出てどんどん変化していきます。

そう、トレイルランはただ走るスポーツなんだけど、ただ走るだけじゃない不思議な魅力のあるスポーツなんです。

12476573_817223205056205_867998826_n

イベントに一度参加しただけでは変化は小さいかもしれません。ですが今回の「はじめてのトレイルランニング」がその初めの一歩になれたなら嬉しいなと思います。 今回参加してくださった皆様、お申し込みいただいた皆様、興味を持ってくださった皆様、ありがとうございました。また今後のイベントをぜひお楽しみにしてくださいね!