11/22,23,29 装備などの個別相談会・26(土),27(日) ITJ レース&装備対策 開催します


%e7%9b%b8%e8%ab%87%e4%bc%9a

ギアやレース、冬のトレイルランニングに関する質問が増えてきました。そういった相談に対してじっくり答えれるよう、個別相談会をテスト的に行います。また、11/26・27には人気の大会ITJの対策会も開催します。

人気の大会、Izu Trail Journey(ITJ)が12/11に迫ってきました。もともと大会側から定められた必携品が多いことに加え、昨年までの3月開催から12月開催に変更になったことで、お店でもギア(主にウェアリング)に関する問い合わせが増えてきています。また、ITJは出ないけど冬のトレイルランニングのギアに悩む人からのお問い合わせも増えています。

以下は、ITJオフィシャルサイトに掲載されている、天候の参考情報と装備チェックリストです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-20-11-25-17

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-20-11-25-44

未経験者や経験が少ない人にとっては、これを読んでも当日の気候がピンとこないかもしれません。また、装備リストに書いてあるものがどんなものか想像はつくものの、なんでそれが必要とされているのか?自分だったらどう使うか?というのもイメージがわかないでしょう。

トレイルランニングが山や自然を相手に行うアクティビティである以上、大会であろうとなかろうと自分の走るフィールドの状況を調べることや、そこがどんな気候か想像すること、その上でどんなギアが必要か判断すること、というのは本来ランナーがするべき基本の行動だと思います。

でも、誰でも最初は未経験者。いきなりできる人はほとんどいません。そんな中、大会に参加することは天候やギアについて自分で考えるいいきっかけです。こんな風に主催者から必要装備や天候の参考情報が公開されていたり(大会ごとに公開されている情報量は異なります)、レースコースにはスタッフもいるため、万が一のリスクが軽減されているからです。

なので、大会に初めて参加したり、まだ経験が少ない方は大会のルールをルールと面倒くさがらずに、自分が行くフィールドや使うべきギアを知るためのいい練習機会と捉えてください。

話の本線からは外れますが、大会経験が豊富な方でも、大会に慣れちゃってるが故に自然に対する意識が希薄な方が時折見受けられます。むしろ気をつけてください。昨年、雨の中満足な雨具を持たずに北アルプスに走りに行ったランナーがいて(北アルプスに行くくらいなので健脚の御自覚があったのだと思います)、山小屋の方に厳しく注意を受けたというニュースがありました。

http://www.yarigatake.co.jp/otenjo/blog/2015/08/post-597.html

装備は誰のためでもなく、自身の安全のために持つものです。必要な装備がないこと、ひいては装備が必要という背景への知識不足は、ご本人の命の危険につながりますし、万が一の際に同行者、山小屋の方や救助に当たる方、様々な方に迷惑がかかります。トレイルランナーのイメージ悪化が助長され、しっかり準備をして山に臨んでいるその他大勢の真面目なトレイルランナーにもよくありません。心当たりがある方、次回トレイルランニングをする際に、自分たちは山を始めとする自然の中走っているという認識を改めて強く持ってください。そして走るフィールドの気候を想定したり、そこに合うギアが何か、万が一のエスケープの想定などをしてください。

ちなみに先述の北アルプスのランナーの方はその機会に反省され、山小屋の方に翌日お礼とお詫びのFAXを送られたようです。スタッフの方も「無事に下山出来たことが何よりです。更に今回の事を素直に反省され今後の活動に生かしてくれれば嬉しいです。是非次回はちゃんとした装備で来て下さい、待ってますよ。」と書かれていました。

http://www.yarigatake.co.jp/otenjo/blog/2015/08/post-598.html

話を戻します。お店としてこういう考えを持っている以上、「ITJの装備で迷っています。」とか「気温が下がってきて、ウェアのチョイスが難しいです」などのご相談にはしっかり対応させていただいています。ただし、お客さんが複数組いる状況だと、一人にだけに時間をかけれず時間がかかってしまったり、時にはお客さんのタイムオーバーなんてこともあります。

初心者の方ほどしっかりスタッフと話がしたいでしょうし、僕らとしても情報や考えるきっかけを提供したいのに、状況によってそれができないというのはとても歯がゆい部分。ということで、そういった状況によりしっかり対応すべく、予約制で個別にギアや装備の相談に応える対応をテスト的に始めてみることにしました。もちろん無料です。

例えば、今回だったらこんな方感じで悩んでいる方はぜひご相談して欲しいです。

・ITJに参加予定だが、必携装備を含めどんなギアを選んでいいかわからない
・レースには出ないが、寒くなってからのウェアリングが難しいので教えて欲しい
・トレイルランニングを始めてみたい、何回かお店に行ったけれど中々スタッフさんとじっくり話せない

初心者だけでなくて、さっき言ったような

・トレイルランニングの大会は結構でている、でも山に関しては知識の自信がないので教えて欲しい

こんな方ももちろん大歓迎です。

今回個別相談に対応するのは店長のスースーこと鷹巣です。ITJに関しては過去二回共に好タイムで完走しています。2014年にはUTMFの完走経験もありますし、今年は難関の100マイルレースKOUMI100も完走。走力は折り紙付きです。また、休みの日は大体山にいて、先日のOMMも見事完走するなど、山に対する理解や対応能力ももちろんあり。なので、闇雲な軽量化やレギュレーションをパスするだけのアイテム提案ではなく、しっかりと自然やフィールドを理解した上で、ギアを提案させていただきます。

img_8519

今回の個別相談会は
11/22(火)23(水祝)29(火)の3日間です。

また、個別相談には予定が合わない方向けに、11/26(土)と11/27(日)は、お店オープン前の10時〜11:30で、ITJのレース&ギア対策説明会を行います。こちらは個別対応ではありませんが、レース前のギアセレクトやコースのことなどについてお話ししますので、タイミングの合う方は有効にご活用ください。こちらももちろん無料です。

ちなみに、相談したら何か買わないといけないってことは一切ありません。僕たちとしても、「わからないことがあったら、まずはランボーで相談してみよう」って、そういう風にうちのお店を気軽に捉えてもらえればそれで十分です。

また、こういうことを始めたからって、予約を取らないと個別相談に応じないってことも一切ありません。今まで色々相談していただいていた方は、今まで通りご自身のタイミングで遊びに来て、スタッフを捕まえて色々質問してくださいね。

告知からのスケジュールがタイトで申し訳ないですが、今回やってみて個別相談のニーズが高そうであったら今後定期的に開催していく予定です。僕らにとって初めての試みですが、みなさんの知りたいことに答えるいい機会にしたいと思いますので、こんな機会を待っていたという方はぜひお気軽にお申し込みください!(桑原)

<< RBRG 個別相談会 詳細 >>

内容:ギアの選び方、レースに完走するためのアドバイス、トレイルランニングを始めたい、様々な質問に対してスタッフが個別で対応します。予約制です。

日時:
11/22(火) 12:00~21:00
11/23(水祝) 12:00~21:00
11/29(火) 12:00~18:00
※上記の時間内でお一人1時間の対応となります
※他の方の予約が先に入っている場合、予約時間の調整をお願いすることがあります

費用:無料
担当:鷹巣真也(Run boys! Run girls!)

<< ITJ2016 レース対策 >>

内容:12/11開催のIZU TRAIL JOUNEY のコース解説や、ギアの選び方、完走に向けてのアドバイスを行います。

日時:11/26(土) 27(日) 10:00~11:30
費用:無料
定員:各回10名
担当:鷹巣真也(Run boys! Run girls!)

個別相談会、ITJ2016 レース対策、いずれも以下のフォームより事前のお申込みお願いします。

お申込フォーム:https://goo.gl/forms/eViSGhbRxZrW5yV53