【10/25(水)Tahoe200 & Tahoe Rim Trail Thru-hiking 報告会 <はじめての海外レースは200マイル>】


「海外レース初心者」が200マイルレースを完走するまで、のショートストーリー、Tahoe200報告会を開催いたします。そしてレースコースのベースであるTahoe Rim Trailをスルーハイクしたストーリー、Tahoe Rim Trail Thru-hiking 報告会も同時に開催です。

「海外レースに出てみたい、できればあまり人が見たことない景色を見て、少しでも長く」

そんなシンプルな思いが頭をよぎってから、海外レースへの渇望が始まりました。
Run boys! Run girls!スタッフである鷹巣、僕はトレイルランニングを初めてからの「歴」だけは、いつの間にやらそれなりに重ねていましたが、海外レースは未体験でした。一念発起し、冒頭の条件に合致するレースを相談した友人より、Tahoe200というレースの存在を知ります。

「200マイル!?!?面白そうでイイ!」

その瞬間からTahoe200への出走を決心しました。結論から言うと、全てが新鮮でトラブル含めて楽しい経験をしました。

Tahoe200は北米のカリフォルニア州とで開催される200マイル(約320km)のトレイルレースです。カリフォルニア州とネバダ州の境界にあるLake Tahoeを舞台に、湖の周囲を大きく一回りループのコースが設定されています。2014年の初開催から数えて4回目の開催とい若い大会です。世界的に見ても200マイルレースは少なく、さらにスタートからゴールまでワンウェイのコース(ゴールからスタートまで同じルートを通らない)はその中でも限られます。過去には第一回大会に、おひとり日本人の方が完走されたのみで、まだTahoe200の日本国内では知名度は低いです。

日本語で書かれた情報が少ないということは、未知の部分が多いということ。現地に行ってみるまで分からないことばかり。ラッキーからハプニングまで、エピソードを交えて面白がっていただける時間をご提供します。

Tahoe200のコースは「Tahoe Rim Trail(全長170マイル)」というLake Tahoeの周囲を巡る常設コースをベースとして設定されています。ほぼ同時期、大会の直前にそのTahoe Rim Trailを友人がスルーハイクしていました。大会としてのサポートも無い中で170マイルを巡った、その友人である山本格嗣くんに、ハイカー目線での体験やエピソードを話していただきます。ランナーとハイカー、エイドの有無、移動スピードの違い、等を踏まえて対比的で興味深い話になることでしょう。

これから海外トレイルもチャレンジしてみたい、アメリカのトレイルカルチャーの匂いを感じてみたい、皆さんのトレイルランニングライフがちょっとでも拡がりをもつお手伝いになれば幸いです。

お気軽にご参加ください。お待ちしております!

<< Tahoe200 & Tahoe Rim Trail Thru-hiking 報告会>>

日 時:2017/10/25(水) 20:00~22:00(受付開始19:30
参加費:1,000円(1ドリンク付)
出 演:山本格嗣、鷹巣真也(RBRG)
会 場:Run boys! Run girls! 東京都千代田区東神田1−2−11 アガタ竹澤ビル404
定 員:30名(事前予約制)

以下のフォームより事前のお申込みお願いします。