OMM×STORM「もっと雨に強くなる 2018 @RBRG」キャンペーン開催します!

本日より梅雨明けまでの間、レインウェアがより効果的に使えるようになるキャンペーンを行います。

梅雨ですね。アクティビティの時だけでなく、ちょっと出かけるときにもレインウェアが活躍する季節です。

この時期だからこそ、皆さんがより良いレインウェアを選ぶお手伝いをしたいのと、せっかくのウェアをより良い状態で使うためのメンテナンスの提案をしたいと思い、キャンペーンを行うことにしました。題してOMM×STORM「もっと雨に強くなる 2018 @RBRG」キャンペーンです。このキャンペーン、実は2016年にも全国のOMM取り扱い店舗にて行われたのですが、こう言ったことは常に皆さんに伝えていかないといけないなと思い、Run boys! Run girls!で改めて開催することにしました。

内容は、期間中にOMMのレインウェアをご購入された方(店頭・オンライン共)に、もれなくイギリスのウェア用洗剤メーカーStorm Waterproofing社の「STORMエコツインパック」を差し上げるというもの。エコツインパックはレインウェア用の洗剤と撥水剤がセットになった1回分のお試しセットです。


—手に持っているのがエコツインパック

とてもお得なキャンペーンですので、レインウェアのご購入や買い替えを考えている方はこの機会に是非ご活用ください!

<キャンペーン詳細>

OMM×STORM「もっと雨に強くなる 2018 @RBRG」キャンペーン

期 間:6/21(木)〜東京の梅雨が明けるまで
内 容:OMMのレインウェアをご購入の方に「STORMエコツインパック」を提供
対 象:OMMのレインウェア全商品(オンラインでの購入、セール品も含む)
その他:特典が無くなり次第終了します

Run boys! Run girls! Online Store! / OMM 製品はこちら

※本キャンペーンはRun boys! Run girls!のみでの開催です



さて、ここからはキャンペーンのさらなる詳細。STORM製品についてや、レインウェアのメンテナンスの重要性を知りたい方は続けてお読みください。

まずは、STORM製品の特徴について。

一般的にレインウェアのメンテナンスをする際は、「洗浄」と「撥水加工」で2度洗濯をしなければならないのですが、「STORM」はウェアの洗浄と撥水加工が一度の洗濯でできるのが特徴です。手間が少ないので気分的にもメンテナンスがしやすいのはとても大きいです。メンテナンスの手順は以下をご覧ください。

また、他社製品に比べて価格が抑えられているのも嬉しいポイント。レインウェアの性能を保つためにはまめなメンテナンスが必要なのですが、専用の洗剤や撥水剤は決して安くないからです。

このように「STORM」は機能面でもコスト面でもレインウェアのメンテナンスにまつわるハードルを下げてくれる素敵なメンテナンスキットです。また、OMM JAPANでは、同社のウェアのポテンシャルを最大限に引き上げるための撥水剤として「STORM」の利用を推奨しています。

更に、STORMは全商品でPFCフリー(環境汚染の原因となる過フッ素化合物類を不使用)であり、環境に配慮された商品です。

 

次に、なぜレインウェアにとってメンテナンスが必要かについても説明します。

レインウェアの機能を測るときよく語られる数値に「耐水圧」や「透湿」という言葉があります。これらは数値化できるので、それぞれの数値が高ければ、耐候性や快適性が高いウェアのはずなのですが、実際はそう簡単ではありません。


—数値が高いウェアは機能が高いウェアに思えますが…?

レインウェアの内側は汗や皮脂が付着することによって、透湿性が落ちたり素材の劣化の原因となります。

レインウェアの外側は撥水加工が施されているのですが、雨や汚れ、ザックとの摩擦などによって撥水機能は低下します。完全防水のレインウェアでも表面の撥水加工が低下することで体が濡れているような感覚になったり、実際に体温が奪われたりします。


—撥水加工が落ち、表地に雨が乗った状態のレインウェア。この状態で着用すると濡れ感を感じたり、体温低下に繋がります。

つまり、どれだけ数値の高いレインウェアであっても、メンテナンスを怠ってしまうとそのスペックが十分に発揮されません。機能を保つためには使用毎の洗濯と、定期的な撥水性の回復が必要になるわけです。

実際、メーカーに持ち込まれる「防水透湿ウェアの機能が低下した」いう相談の9割の原因が、撥水機能が低下したことによるものだそうです。

僕も、過去にフェス用に初めて買った防水透湿の高価なレインウェアで思いっきり同じ経験をしたことがあります。「完全防水だイエーイ!」と舞い上がってメンテナンスを怠った結果、複数回の使用で雨が降った時の濡れ感が酷くなってしまいました。「全然完全防水じゃない!」とメーカーに送ったところ、「ウェアの防水性能自体には問題がありませんでしたが、汚れが酷く撥水性も落ちていたので、こちらでクリーニングをしたのち改めて撥水加工を施しました」と言う回答と共にウェアが戻ってきて、見事にレインウェアの機能が回復していました。今思い出しても恥ずかしすぎる話なんですが、この経験によって、レインウェアのメンテナンスの重要性を学んだのでした。トレイルランニングを始める前の出来事でよかった…。

と言うことで、メンテナンスの重要性、理解していただけたでしょうか?

もう一つメンテナンスにまつわるお話を。2015年のOMM JAPAN(レース)は雨と寒い気候の中行われたのですが、レインウェアを着ているのにウェアの撥水性能が落ちているせいで低体温になりかけている人を多く見ました。メンテナンスが不十分で久しぶりに引っ張り出して着たレインウェアだとこう言うことが起こりうるので、十分な注意が必要です(低体温対策には、メンテナンス以外にもウェアのチョイスやレイヤリングも大切です。念のため)。


—2015年のOMMでの筆者。厳しい環境下でしたがウェアのメンテナンスやレイヤリングをしっかりしていたので、体調を崩すことはありませんでした photo by Shimpei Koseki

キャンペーンの紹介なのに、話が長くなりすみません。ただ、これには意図があります。実は、2016年にOMMによってキャンペーンが行われたのも、背後にメッセージが込められていました。それは、彼らの主催するマウンテンマラソン大会「OMM」において求められている「山の総合力」は、単純にフィジカル的な強さや、ナビゲーションのスキルのみならず、どのような天候・環境下でもギアを最適に使うためのノウハウや日々のメンテナンスをも含むと言うメッセージ。今回のキャンペーンはRun boys! Run girls!単独で行うものですが、単純にレインウェアや洗剤の販促のみをしたいのではなく、様々な環境下で自分の身を守り、快適なパフォーマンスを発揮するためには、ギアのノウハウやメンテナンスも重要と言うメッセージを改めて伝えねば意味がないと思い、こうしてテキストを起こし直しました。

OMM×STORM「もっと雨に強くなる 2018 @RBRG」キャンペーンを通じて、みなさんがより良いレインウェアやそのメンテナンス方法に出会えることを願っています。まずはお店でお気軽にご相談ください。お待ちしています!

<キャンペーン詳細>

OMM×STORM「もっと雨に強くなる 2018 @RBRG」キャンペーン

期 間:6/21(木)〜東京の梅雨が明けるまで
内 容:OMMのレインウェアをご購入の方に「STORMエコツインパック」を提供
対 象:OMMのレインウェア全商品(オンラインでの購入、セール品も含む)
その他:特典が無くなり次第終了します

Run boys! Run girls! Online Store! / OMM 製品はこちら

※本キャンペーンはRun boys! Run girls!のみでの開催です