標高6,000m超のグレート・ヒマラヤ・トレイル(GHT)へ。10/22(月)『GHT project 2018 壮行会』

アウトドアメディアを中心に活躍するライターであり、Trail ButterやALTRAのアンバサダーでもある根津貴央さんが、山岳ガイドの根本秀嗣さん、写真家の飯坂大さんと共に、今年も『グレート・ヒマラヤ・トレイル(GHT)』の踏査に向かいます。

そこで今回、壮行会も兼ねてトーク & スライドショーを開催することになりました。

ヒマラヤと言えば、8,000m峰が連なる “世界の屋根” として名高く、高所登山の場所、挑戦の対象、とイメージする人が多いと思います。でもそれはヒマラヤの一側面でしかなく、実際に旅してみると、標高4,000mを超える場所にも村があり、老若男女が普通に生活を営んでいます。これもまたヒマラヤの顔なのです。

そんな、里山としてのヒマラヤの魅力を日本にも紹介したい。そう考えた根津さんたちは、『ヒマラヤは世界最大の里山だ』というコンセプトのもと『GHT project』を立ち上げました。

『グレート・ヒマラヤ・トレイル(GHT)』とは、2011年10月1日に開通したネパールのトレッキングルート。ヒマラヤ山脈をつらぬくロングトレイルで、Upper route(山岳ルート)とLower route(丘陵ルート)の2本で構成されています。総延長は、前者が約1,700㎞(標高3,000〜6,000m超)、後者が約1,500km(標高1,000〜4,000m超)。

GHTはおもに既存の生活道なので、必然的に山奥の村落をつなぎながらの旅になります。
ヒマラヤに住まう人々と接し、食料を現地調達し、原始的な生活にどっぷりと浸かる旅は、GHTならでは。

そんな旅のスタイルを、みなさんも追体験してみませんか? 彼らの話を聞いた人はきっとヒマラヤに行ってみたくなるはずです。

特に今回は、里山と称しながらも標高6,000mを超えるエリアもあるそうで、かなりタフな旅になるとのこと。今回のルートやプランの話を聞きながら、3人を激励し、送り出しましょう!

ちなみに日本を発つのはイベントから二日後の10/24(水)。
まさに、もう待ったなしの直前壮行会ですので、奮ってご参加ください。

Photo by Dai Iizaka

 

『GHT project 2018 壮行会』詳細 —
日 時:2018/10/22(月) 20:00〜22:00(受付開始 19:30~)
会 場:Run boys! Run girls!(〒101−0031 東京都千代田区東神田1−2−11 アガタ竹澤ビル404)
定 員:30名(事前予約制)
出 演:根津 貴央(ライター、TEAM MONSOON)、飯坂 大(写真家、TEAM
MONSOON)
参加費:1,000円(1ドリンク付き)
申 込:下記応募フォームからお申し込みください。
https://goo.gl/forms/GY16uT1RbnOnMD7N2

《GHT project》
WEB SITE・・・http://ghtproject.com/
Facebook・・・https://www.facebook.com/ghtproject/