アカウント カート
商品を探す

BLOG

2020年6月10日

アサイセンセー アサイセンセー

29

良い子は真似しないこと!!

プロレスラーは特別なのだ!プロレスごっこは危険です!!

 走っていても一人の時間が多くみんなでワイワイとは楽しみにくいコロナ時代

 仲間と走りに行くのも楽しかったけど、プチ打ち上げ的な宴も楽しかった。そんなことに気が付くのも自粛ライフのおかげかもしれません。

 一人ならばいいのか?山に走りにいってもいいのかな。自分だけ無事に帰ってくればいいんでしょ。もちろん各自治体の方針や〇〇協会のガイドラインにもとづいて 行動するのが基本ですが、近所の山ならばいいのではないの?と思うの気持ちはよく分かります。そんな時はみんなが真似したらどうかな?と考えてみて欲しい。

 子どもの頃プロレスが大流行していてプロレスごっこという遊びもありました。小学校の教室でドカーンと大技はしなかったけど、子どもが真似しては大事故にも繋がったことも多くあったことでしょう。その時プロレスラーは言ってました。『良い子は真似しないでください!特別な稽古をしてプロレスラーは戦っています。』

そんな鬼のようなトレーニングをしているプロレスラーも試合中事故で亡くなっているのです。

  山でのアクティビティであるトレイルランニングでも少数ですが回避出来ない(運が良くないと)事故が起こる確率はあります。ひとりならば平気かもしれない。あなたは平気でも隣の誰かは事故に会うかもしれません。心臓発作・滑落・熱中症のような出来事は誰にでもありうる。もちろん知識があれば回避出来るトラブルも沢山あります。憧れの選手に影響を受けて同じような行動をすることにより事故の件数は増えていきます。確率が低くても必ず発生するものだから。

  良い子は真似しない方が良いモノとしてトレイルランニング拡げていきたいですか?トレイルランニングが健全なスポーツであるとするならば子どもたちでも真似出来る形で普及して欲しい。もちろんロングトレイルはカラダに負担も大きいので真似しない方が良さそうですけど。
 SNSの時代ということもあり、ひとりひとりの行動がその競技の文化を創っていきます。どんなスポーツ文化として後世に残して行きたいか考えながらコロナ明けに向けて行動していきたい。

PROFILE

アサイセンセー

アサイセンセー | Takayuki Asai

Polar Bear Trainer’s Team 代表
山に入るアスレティックトレーナーチーム白くま隊
トレランレースでは救護やケアブースを担当 安全に元気に走るために必要なセルフレスキューやケガの予防に必要なコンディショニングメソッド 専門性が高いスタッフが代筆として登場するかも
トレラン業界に関わって 1 0年越えていまだレースには出走したことありません。

PICK UP

RELATED POST

商品を探す
閉じる