多くの人と一緒に見たいと思ったトレイルランムービー達「Trails In Motion 4」5/11上映会開催です。


スクリーンショット 2016-03-29 14.48.43

トレイルランニングのムービーフェスティバルである「Trails In Motion」。2016年の「Trails In Motion 4」よりRun boys! Run girls! 第2回の上映会を5/11に開催します。

—2016/4/28 追記 —

Run boys! Run girls! 絡みではこれまで2回上映している「Trails In Motion」。ただ、上映を重ねる度にこれは一発花火を上げる企画でなくて、じわじわと多くの人に届けたい企画だなと思います。4/11のトークショーで、日本での「Trails In Motion」主催者である田中健介さんも、「TOHOシネマズで上映してくれたら、商売的には嬉しいけどこれはそういう映画じゃない」っていう趣旨のことを言っていました。本質をともなわないブームってそこに残るものは少ないし、今僕らがトレイルランニングで抱えている問題って、僕らのフィールドが自然ということを忘れて一気に拡散した結果起きてることが由来のものが多いなと思います。

なので、今回の上映以降もRun boys! Run girls!では「Trails In Motion」を引き続き上映していこうと思います。一度見た人も再度見たいと思ってくれていたら嬉しいし、その時に友人や普段トレイルランニングをしないご家族なんかを連れて来ていただけたら、トレイルランニングというものが地味だけどいい感じに広まっていくんじゃないかなと思います。

—追記ここまで—

今回の「Trails In Motion 4」で上映されるムービーは長短あわせて7本、約2時間。上映に先駆けて、自分がまずムービーを全て見てみました。そうしたらシンプルに、新しい気づきやモチベーションが生まれたし、友人のランナーや、自分の妻、友人のランナーの家族、まだランニングをしたことがない人達など多くの人に、このムービーをシェアしたいという気持ちが改めて自分の中から湧いてきました。もちろん意義を感じて上映会の開催を決めたんですが「上映会をやるって決めてよかったな。」って確信に変わりました。

僕自身、トレイルランニングを本格的に初めて丸4年くらいなんですが、一通りいろんな経験をして昨年は念願のUTMBも完走して、今年に入ってからは自分というより、多くの人がトレイルランニングに触れる機会を作ろうっていう考えで動いています。そのことは少しずつ身を結んでいて自分でも手ごたえや充実感を感じているんだけど、忙しさにかまけて自分が楽しむことやランニングへの素直な気持ちとかが後回しになっていることも感じていました。そんな中、超シンプルに「あぁ、走ることっていいなぁ。」っていう気持ちを、「Trails In Motion 4」が思い起こしてくれました。

ということで、「Trails In Motion 4」、改めて自信を持って皆さんにシェアしたいと思います。

トレイルランニングをしている人、トレイルランニングをしている家族を持つ人、家族にトレイルランニングやレースのことを知ってもらいたい人、トレイルランニングに新たなモチベーションを見出したい人、これからトレイルランニングに挑戦してみたい人、トレイルランニングのことはよくわからないけど最近みんながやっているトレイルランニングってなんだろう?って思っている人、走るとかそういうのはよくわからないけど日々の生活に何か打ち込めるものが欲しい人…

とにかく見た人それぞれに感じるものがあるはず。だからこのテキストを読んで何か興味をそそられた人は、ランナーであるか否か関係なく是非気軽に見に来てください。

Run boys! Run girls! での次回上映は 5/11(水) 20:00〜22:00。以下からエントリーできます。いずれも参加費は2,000円です。

■ 5/11(水) 20:00〜22:00 @ Run boys! Run girls! 上映会お申込フォーム
http://goo.gl/forms/pLWp3GzePA

ここからは「Trails In Motion 4」で上映されるムービーをオフィシャルのキャプションに一言コメントを加えて紹介します。

A Journey To Black Mountain(South Africa・14分)

AJTBM_1

アメリカのウルトラランナーが南アフリカのトレイルを走りながら、「何故走るか」など自身の内面の発見をしていく物語。

– 情報や物質過多な現代において走ることや幸せについての気づきを与えてくれました 



Nuevos Pasos (France・7分)

nuevos

スペイン人ランナー、ルイス・アルベルトのUTMB(2015年2位)のチャレンジを追いながら、彼の献身的なランや、冒険をシェアする喜びを感じつつ高いレベルで競う事と、チャレンジに対する興奮が交差する内面を明らかにする。

– UTMB2位というトップランナーの赤裸々な内面に触れることのできるのがよかったです。UTMBのコースの雰囲気も味わうことができます。 



Mile For Mile (USA・15分)

Mile_For_Mile_2

ウルトラランナーのクリッシー・モール、ジェフ・ブラウニング、ルーク・ネルソンが新たに公開されたPatagonia公園エリアを106マイル駆け抜ける。同時に、この広大な土地の自然を取り戻す作業と保護におけるConsrvation Patagoniaの努力を紹介していく。

– Consrvation Patagonia の取り組みだけでも、十分映像が作れるくらいだと思うのですが、それを、クリッシー、ジェフ、ルークがランニングを通じて紹介することで、ランナーにも共感が生まれる。素敵だなと思いました。3人の道中のお茶目なコメントもいい感じ。 

Shandi Kano/Be Bold (USA・3分)

shandi

競技に対するプレッシャー、ボストンマラソンのテロの目撃から立ち直っていく女性ランナーのストーリー。

– 3分のショートムービー、これは見て感じてください。

Kroger’s Canteen (South Africa・7分)

krogers

2014年コロラド州サンホアン山地を舞台にするHard Rock Endurance Runはキリアン・ジョルネの勝利に終った。彼は、レース途中に標高3,990m地点の狭いレッジにあるエイドステーション「クロガーズ・キャンティーン」に立ち止まる。これは、そのエイドステーション、そこに携わる人々、このレース特有のスピリッツについての物語です。

– youtubeのSalomon TVでもアップされているので見た人も多いかもしれませんが、内容に加えて一際クオリティの高い映像が目を引きます。これは”the african attachment”というチームのもの。実はこのチームがTrails In Motionを立ち上げたチームです。後は、僕の親しい日本人ランナーも映像にちょっと登場します。

The Last Time I Heard True Silence(USA・22分)

TLTIHTS_3

2005年にイラクから帰還した海兵隊員。任務により難聴と耳鳴りを患った。多くの帰還兵が直面するのと同じように市民生活に戻る難しさを経験する。戦争で失った以上に、帰還兵の友人を自殺で失った後、地元の森を走る事で自分を取り戻していく。その過程を追う。

– PTSDを抱えた帰還兵。僕らには想像のつかない世界の話ですが、ランニングや自然が人にもたらしてくれるものを一番深くあらわした映像だと思いました。

This Is Your Day (USA・50分)

This Is Your Day Film 2015 - ©Myles Smythe

100マイルレースを走り切る事は並外れた事でとても困難でしょう。この作品では、100マイルレースで名高いWestern States Endurance Runを走る3人に焦点を当てます。ディフェンディングチャンピオンとしてプレッシャーに直面するエリートランナー、ママさんランナー、中高年ランナー。彼らランナーだけでなく、家族、友人もがレースの一部であり、ボランティアは生命線です。水、補給、厳しい激励、抱擁、罵倒までもが同様に必要で、勝利も挫折も等しくランナーとそれ以外の要素中で生まれるのです。 これは、100マイルレース中の感情の変遷を辿り、肉体の力、意志、人との繋がりの大切さについて語る普遍的なストーリーです。

– 今回のムービーの中で一番長いムービー。素直に感動しました。WS100 連覇のROB KRAR等トップアスリートの内面を描きつつ、支える周囲の面々の絆とか愛とかあったかさも同時に見せています。アメリカのシーンってやっぱりいいなって思うし、ランナー自身にも見て欲しいけど、家族とか恋人とかいる方は是非一緒に見て欲しいなと思います。あと、リアルにWS100や他の100マイルレース(特にアメリカ)のエイドワークの参考にもなるなと思いましたよ。

お申込は以下から。

■ 5/11(水) 20:00〜22:00 @ Run boys! Run girls! 上映会お申込フォーム
http://goo.gl/forms/pLWp3GzePA

みなさんのご参加お待ちしています!(桑原)

その他、予定が合わない、Run boys! Run girls! まで行くことができないという方は、以下のサイトで各地の上映情報を確認することもできます。また、上映に関するコストはかかってしまうのですが、身内での上映会なども開催可能です。というか、そういう小さなコミュニティごとにリンクしていくのがこの「Trails In Motion」のいい伝わりかなと思います。上映会開催に興味がある方も、以下のサイトからコンタクトしてみてください。

Trails In Motion(日本語オフィシャルサイト)
https://www.staticbloom.co.jp/trailsinmotion/