【走り方って教えてもらった事ありますか?走りの基本を学ぶLTR(Learn To Run)プログラムの開催】

ltr_3

こんにちは。スタッフのスースーです。

先日100マイルレースのOSJ KOUMI100を完走してきました。実は僕自身、それほど多く距離を練習としては走らないのですが、それでも完走できた理由のひとつが「効率的なフォーム」じゃないかなと思っています。レース終わった翌日も、いつもどおりに火曜の夜のグループランを走れていたり。(余力残してない?というツッコミはご勘弁ください笑)今回のイベントはその効率的なフォームを学べるというものなんです。

唐突ですが、何事にも基本が大事だとはよく言われることです。物事を始める際には、基本をじっくり身につけたほうが早道です。

同じ事がスポーツ、運動にも言えます。例えば各スポーツ毎に求められる動きがあって、野球ならバッティングやピッチングのフォーム、水泳ならクロールやキックの動き、ゴルフならクラブのスイングとかですよね。初めて経験するスポーツなら「既にやっている友人や、専門のコーチに教えてもらおうかな?」と思うものです。やった事が無ければ、動き方を知らないですからね。

けれども「走る」って誰でも出来ますよね?歩き出したと思った小さな子供が数ヶ月もすると駆け出すように、本能で出来てしまうことだったりします。そしてそのまま時は流れ、特別に「走る」を習う機会はないまま、学校の授業やダイエットの名目で、マラソンやトレイルランニングへの挑戦で、人は走り出します。

でも「走る」基礎を習っていないから、走り出した結果

「膝が痛い」→「道具で補完してみよう」→「やっぱり痛い」→「怪我をした」→「向いてないからやめよう…」

というスパイラルに落ち入る事が少なくありません。
これ、Run boys! Run girls!の店員として基礎を知っていれば救えるケースだと思っているので非常に残念なんですよね。

dscf0423

では「走る基礎」が出来ているとどういった効果があるのか。

・怪我をしなくなる。
・身体の使い方を意識することが出来る。
・効率的な走り方が出来る。
・長時間、長期間にわたって走り続けられる。

特に上位にある「怪我をしなくなる」ことが一番重要ではないかと感じます。それだけで走ること、続けることが容易になりますから。
実際に、自分も理論を理解し実践できるようになって大きな変化を感じました。

思えば走り始めた頃は2kmも走れば息も切れて足もガクガクになるような有様で、自己流フォームでただただ走る日々。レースに出れば太ももは張り、足の爪は剥がれて痛みが出てと散々な状態でゴール。完走できた喜びで、ボロボロになった身体も翌日以降の筋肉痛も膝の痛みも勲章くらいに思ってましたが、いつまでたっても速くならない楽にならない山の登りに降り、マラソンに出ても後半にはポロポロと抜かれて…身体の痛みもそうですが、なぜスピードが出ないのか長距離の後半で脚が終わるのか、よくわからないモヤモヤした感情を抱えていました。

r0006032

そんな悩みがある日に解決します。「走る基礎」「正しい走り」を知見のある専門家、周りの先輩、友人から教えてもらう機会がありました。まずは言葉を頭で理解する、身体を使って理論を実践してみる、そして楽に走れている感覚を得ます。筋力はまったく同じままですから、確実に身体の使い方を変えただけでこれだけの効果があるのかと驚きました。そして効率的が身についたことを、後年の100マイルレース完走が証明しています。つい先日も100マイルレースの「KOUMI100」に出場しましたが、フォームのおかげだと思います、効率良く走れたうえに翌日もグループランをすることができました。そして大きな怪我もなく、明日も来月も来年も元気に走り続けているでしょう。

14615588_878907632240822_2695631881363321748_o-1

– KOUMI100チャレンジ中

そしてここが一番伝えたいことです!
Run boys! Run girls!では速く走るのみならず、一人でも多くの方に走る喜びを知ってもらい、人生の中で永く走り続けてもらいたいと願っています。走り始めた方も、既に走り出している方も、一度体系的に学ぶ事で将来に渡ってランニングを楽しみ続けられるようになるでしょう。

 

僕が学んだ内容を体系的に学べるプログラムがLTR(Learn To Run)といいます。文字通りに走りを学ぶ。わかりやすいタイトルですよね。プログラムの提供はローンピークやONE等の商品でお馴染みの、そしてナチュラルランニングを提案するブランドALTRAです。ナチュラルランニングを直訳すると自然な走り、つまり人間が生来に備わっている機能を使って走るということです。ご自身の身体と向き合い、正しい使い方を学びましょう!

【LTR(Learn To Run)プログラム】
ALTRAが提唱する「Learn to Run(LTR)」では、効率よく安全で科学的な裏付けのあるテクニックを学び、ランニング障害のリスクを回避するお手伝いをさせていただきます。

① バランスの取れた前傾姿勢
② 正しい足部の接地は、少し曲げた膝の真下の位置
③ 180のケイデンス(回転数)
④ 動きをコンパクトにまとめる

を実際に体感し、学んで頂くプログラムになります。

今回は講師にALTRAからアドバイザーを招きます。まずは店内で理論のレクチャーを行います。後半は学んだ動作を近隣を走ることで実践し、正しいフォームを身につけます。また特別にALTRAのシューズ「PARADIGM2.0」「ONE2.5 」の試し履きも兼ねております。
ALTRAロード向けシューズに関心のある方はぜひお試しください。

generic-feature

 

ph_pdm20m_m01 one25m_m01

【開催概要】
日時:2016年11月4日(金)20:00〜21:30
人数:10名(事前予約制です)
集合場所:Run boys! Run girls!店舗
費用  :2,000円
開催場所:Run boys! Run girls!店舗および近隣エリア
備考  :雨天開催
     当日は外環境で走ることを予定しています。動きやすい格好をお持ちください。
店内でお着替えはできます。お荷物もお預かりします。
(貴重品は各自で管理ください)

<お申込>

以下のフォームよりお申込下さい。