GEAR

2018年12月19日

マツイ マツイ

0

煩悩は25日がピーク

さて、気が付けばもうすぐクリスマスがやってきます。
ミッション系の学校で8年も青春時代を過ごしたマツイにとって、クリスマスといえば、神に感謝し、賛美歌を歌い、心清く過ごし、罪を悔い改め、アーメンと祈る日なのですが、八百万の神が存在するここジパングでは、内に秘めた物欲を近しい人に感じてもらい、また感じることにより、ともに与え合う日というのが正しいでしょうか? はい、そうです、クリスマスプレゼントが欲しいのです。 いや、ストレートに「クリスマスプレゼントが欲しい」と言いましたが、誰かのためにものを選んだり送るという時間もまた「贅沢」と感じませんか? 父や母、妻や恋人、子供だけでなく、いつもお世話になってる人、何となく気になる人、楽しい仲間が、ちょっとしたプレゼントで笑顔になってくれれば、自己肯定力も上がり、日々の活力にもつながる・・・なんていうのは大げさですが、贈り物はもらう方も、送る方も「幸せ」を感じられる素敵なものです。 だからと言って、何でもないときに「はい、これプレゼント」なんて渡されると、重たくて仕方ない。もらった物に対する嬉しさより、お返しどうしよう・・・のが気がかりで落ち着けないですよね。 でもほら、クリスマスってその辺、治外法権じゃないですか?(笑) 何か贈り物をして、相手が「は?」って顔をしても 「あ、今日、一日サンタなんです」 の一言でオールクリアです。(ほんとか?) という、長い話はとりあえずこの辺で。 (マツイは前置きが長くて有名ですので、慣れた方は、1000文字以降を読んでいただければ本題へ進めます) 先日うちの桑原が、onyourmark magazineさんで、クリスマスシーズンにおすすめなアイテムを紹介させていただきました。 桑原チョイス、抜群です。 いや、マジで。 あれもらったら、キュン死に(キュンってして死んじゃう:死語)しちゃいそうです。 でもね、でもね、マツイ的これもらったらコロ死に(コロッと死んじゃう:新語)アイテムを、番外編として紹介したい!!っていうのが、今回の「煩悩」プレゼント企画です。

HOUDINI / Looper

まずはこちら。定番ですがやっぱりおすすめしたい商品です。 実はコレ見た目以上に温かいんです。 理由は明確。 パワーフーディの優しさと温かさと、防風&撥水性を持ったリップストック生地のハーフ&ハーフだから。 どっちが表で、どっちが裏とかじゃなく。 あなたの好きな方が表で良いんです。 おすすめはもちろん、肌にあたる部分がフリース素材なんですが、機能性よりもおしゃれって場合の方もいると思いますので、そこはお好みでどうぞ。 長さたっぷりの130cm。 首にぐるんぐるんと2周すれば、寒さ感じる首元をしっかり覆ってくれるだけでなく、高さも33cmあるので、口元まですっぽり覆い隠してくれます。 いやいや化粧がついちゃうじゃない。 そんな心配ありますよね?でも大丈夫。 これ、汚れても、ファンデーションでも、ご自宅の洗濯機で丸洗い可。 勿論、無駄に生地を傷めないためにも、ネットには入れましょうね。 でも、お家でどんどん洗濯できるって、すごく便利ですよね? それに、高さが33cmあるので、首に巻くだけでなく、ひざ掛けや、リップストック生地を生かして、外のベンチなど外出先の座布団としても活躍します。 マツイは個人的にHoudiniアイテムが好きで、使うことが多いんです。 それは、機能性は勿論ですが、Houdini独特のカラーが好きだからっていう理由もあります。 スウェーデン生まれのHoudini。 すかっとした青空より、曇り空や夜なのに明るい白夜など、薄曇りといった気候が多いこの国から生まれた偉大な画家といえば 「エドヴァルド・ムンク」 そう「ムンクの叫び」の作者です。 彼の絵を見てわかる通り、独特な色使い、派手なのに完美ではない色合いは、四季がある日本になじみ、存在感がありつつ主張しすぎない、だからといってオーソドックスではない色合いが、そのモノをより魅力的に見せてくれます。 このLooperもHoudiniらしいカラーと、それをぐるっと2重に首に巻いてしまうという、おシャンティっぷり。 でも決してハードルの高いおしゃれだと思わないのは、このカラーと素材のもつ存在感が、リラックス感を促してくれるから。 男性でも女性でも、嫌味なく使える、高機能でありながらファッション性も高いアイテムは、どんな方にもおすすめできる優れものです。 性別問わず贈れる、使えるって意外とないのでお勧めです。
つづきまして・・・おすすめしたいのがこちら。

ELDORESO / Beyond Mesh Cap

トレイルランニング界には様々な分野にパイオニアがいますが、ウェアおもにファッション部門においては「ELDORESO」もその1つ。 カラーリングや、柄の組み合わせなど、ELDORESOでなければ絶対に融合することがないセンスと個性は「派手ですね」なんて言葉で片付けるには申し訳ない、唯一無二の色彩感覚と発想力があってこそだと思います。 左:ELDORESO / Euphoria T 中: ELDORESO / Euphoria Trail Pants 右: ELDORESO / Sign Jet Cap もうご存知だとは思いますが、ELDORESOはALDIESというブランドが生み出した、ランニング&トレイルランニングブランドです。 様々な柄や生地の組み合わせから生み出されるデザインは、このALDIESというブランドがあってこそ。 その上で、デザイナー自らがランニングや、トレイルランニングをはじめ、デザインだけでなく通気や吸水速乾といった機能性素材を取り入れたのがこのELDORESOです。 デザイナーの阿久澤さん、ランニングやトレイルランニングにどんどんハマって行っただけでなく、速くなっていきまして、今やレースで入賞をするほど。 全国各地のマラソン大会やトレラン大会に出場していますので、レース会場でお会いしてる方も多いかもしれません。 身に着ける人が、思わずにっこりしてしまうウェア、アイテムの数々に、いつも驚かされることが多いです。 なので「気になってるけど、似合うか心配で・・・」という方もいますよね? そんな方はまず、このキャップから初めてみてはいかがでしょう??
ELDORESO / Beyond Mesh Cap 柔らかメッシュで、バックはアジャスターベルトになっているのでサイズ調整可能。ツバも柔らかく、前かぶり、後ろかぶりどちらでも使えます。 パープルカラーのみパネルごとに配色が異なるメッシュを採用していますが、ネイビー、ブラックは同色のメッシュとなっており、ベージュはグレイメッシュ。 どの色も使いやすく機能性が高いのが人気の理由です。 ランニング時につかえるのはもちろんですが、デイリー使いができるのも魅力の1つ。 男女共に使え、「一歩前へ」と背中を押してくれる、飽きの来ないデザインが魅力です。 最後にこちら・・・

Teton Bros. / Wind River Pant

言わずと知れた、冬ランの定番パンツと言えば、このWind River Pantsです。 ランニングを始めた当初はタイツを履いていた方も、だんだん履くのが面倒になったり、素足がいいなーなんて、タイツを履くシーンが減ってきました。 でもやっぱりこの時期寒いので、走れるパンツが欲しいと思いません? タイツみたいなピッタリとしたのは嫌だし、ジャージやスウェットは重たくていやだし、シルエットがキレイな、軽くて動きやすいパンツってないかな?と思ってる方におすすめしたいのがこのパンツです。 マツイが買おうと思ったきっかけは、周りに 「いやーWind River Pants最高だよ~」 というメンズが多かったから。 確かに、見た目は普通のパンツっぽいし、色もTeton Bros.らしい落ち着いた色。実際どうなんでしょう?って思って履いてみたのが、今年。 結果・・・
サイコーーーーーーー!! この写真は、武田の杜トレイルランニングレースの時に撮影したものです。 武田の杜はとにかく寒くて寒くて。 コースは最高なんだけど、スタートが神社なので石畳が冷えて寒いし、甲府の冬は本当に冷えるんです。 なので、今まで我慢して短パン履いてましたが、思い切ってWind River Pantsに変更。 レース会場でパンツスタイルだと 「え?応援?」 なんて言われましたが「うん、ハイキング!」と明るく返事し、スタート。 実際、走ったり歩いたりの繰り返しでしたが、とにかく快適。 ウィンドシェル素材なのに、よくあるシャカシャカするシェルと異なり、どちらかと言えばサラサラとした感じ。 女性ですが汗多めなマツイでも、汗でパンツが張り付いて不快なんてことはなく、ストレッチ性が高いので高い段差を越えるときも、座ったときも、走ってるときも不快に感じることが無かったです。 ちなみに、マツイ、身長165cmぽっちゃり担当ですがXSを履いてます。 ユニセックスなので、女性でも履けるのが嬉しいです。 お尻と太ももがゆったりとしたデザインなので、ワガママヒップな私でも、ヒップラインを気にせず履けて便利です。 とにかく軽いので、今日さむいかな?どうかな?って思った日は、ザックの中に入れておけば安心。70gしかないので、持っているかどうかわからないぐらい軽いです。 合わせやすい色合いなので、どんなウェアにも合うのも嬉しいですね。 Teton Bros. / Wind River Pant 今回ご紹介した商品は、店頭でもon-line storeでもご購入可能です。 on-line storeに掲載されていませんが、店内にはまだまだお勧めアイテム揃ってます。
欠品続きだったgoodrサングラスもカラー展開豊富に再入荷! お値段¥3700+taxなので、ちょうどいいお値段ですよね。 (on-line storeの準備早めに行います!ごめんなさい!) 誰かのために、1年頑張った自分の為に、最高のプレゼントをぜひRunboys!Rungirls!でお選びください。

PROFILE

マツイ

マツイ | Yumi Matsui

Run boys! Run girls!山梨在住スタッフとして、主にオンライン業務を担当。練習嫌いの為、レース順位も体重も変動が多く、最近は自分自身の体調管理の為、年に1度100km以上のレースに出る事を目標にしている。最近は自分自身が出場するより、サポーターとして関わることが多いが、これまでハセツネ70k、ONTAKE100、STY、八ヶ岳スーパートレイル100km、ASO Round Trail100、分水嶺トレイルなど完走。スリーピークス八ヶ岳トレイルの言い出しぺとして、現在も事務局長として活動中。