BLOG

2019年2月3日

マツイ マツイ

0

スウェットと毛玉と私

この冬大好物ができました。

はい。

This is my sports wear の スウェットパンツです。

手前味噌で申し訳ないんですが、とにかく履き心地が良い、動きやすい、暖かい、シルエットが綺麗、ポケットの深さとか気が利いてる。

などなど、今期ダントツ惚れてます。

でも、Houdiniのロッジパンツも愛してます。

あの、しなやかで暖かくて動き易くてカッコいいシルエットは、私的に3年連続1位を樹立したので、勝手に殿堂入りと致しました。

どっちのパンツもその癖になる履き心地ゆえ、脱ぐタイミングが難しく、1度履いたら脱げないパンツなのです。

お家でゴロゴロする時も、ちょっと走る時も、お買い物やお出かけする時も、ついつい履いてしまう為、気がつくと付いてるんです。

あいつが。

そう毛玉

ちょっと気をぬくと、あれ?いつも間にこんなに沢山?と、びっくりするほど出来上がってしまう毛玉。

結構気をつけてるつもりなのに、どういうつもりか、そっと忍び寄る毛玉。

気軽に出来る癖に、取るのがひたすら面倒くさい、厄介な存在です。

そんな毛玉、なぜ出来るのか??

どうやったら出来ないのか??

出来てしまったらどうするのか??

の、お話です。

結論から言うと、スウェット生地なら、どんなに気を使っても、毛玉は出来ます。
毛玉ができないスウェットなんてないんです。
毛玉が出来る原因は、繊維と繊維の摩擦(スレ)により出来上がります。

それは、着用時の立ったり座ったりの動作だったり、重ね着している服との摩擦だったり、ゴロゴロしてるカーペットとの摩擦や、洗濯時の摩擦だったり様々です。

洗濯時に「必ず裏返しにして洗う」「ネットに入れる」

といった、デリケートケアをしたとしても、その日着ていたウェア同士のスレでも毛玉は出来てしまうので、もはや毛玉から逃れることはできないのです。

さらに言うと、

毛玉ができやすい素材

1位 ポリエステル

2位 ニット

なので、もはやスウェットの毛玉は出来ないわけがない、当然の産物なのです。

コットン素材のスウェットだと毛玉は出来にくいのですが、それでもやっぱり、一緒に着るパンツや上着との相性もあるので、やはり毛玉から逃れることはできないでしょう。

ならば、せっかく高い値段出して買ったのに、なんで毛玉が出来るの?!とお怒りにならず、毛玉を速やかに取り除く方法、考えてみませんか??

 

いやいや、我が家には『毛玉とり機』あるんです。

って方、この後のブログ、必要ないんで読まないで大丈夫です(笑)それで取るのが一番早いです。

でも、毛玉とり機がない方で、今すぐこの毛玉をどうにかとりたい!方向けのブログです。

 

手で1つ1つムシってます。なんて方もいるのでは?

1個2個ならまだしも、広範囲に渡ってできた毛玉を手でむしるなんて、正直難しいし、取りきれませんよね?

しかも、手でムシると、余計な糸や繊維を引っ張る原因にもなるのでやめましょう。

 

私が今回提案するのは、お金をかけず、すぐでき、比較的繊維を痛めない方法です。

それは、、、

『T字のカミソリ』です

コンビニとかで売ってる安いやつで構いません。

これで毛玉ができた箇所を少し引っ張って、ピーンとさせたら、すーっと毛を剃る要領で、あまり歯を立てすぎずに剃るだけ。

では実際に、私の愛用しているThis is my sports wearのスウェットでやってみましょう。

ご覧の通り、結構沢山毛玉ができてしまいました。

これを、T字のカミソリでスリスリします。

その後、粘着ローラー(通称コロコロ)で、剃った部分をコロコロしてあげると、、、

ほーら、こんなに綺麗。

とっても簡単に毛玉が取れます。

ただし、カミソリなので、縫い目の部分は要注意です。

あまり歯を立てすぎると、縫い糸を切ってしまう事もあるので、縫い目部分は充分注意してくださいね!

その他、ちょっと毛足の長いフリースや、ニットの場合はカミソリは使えないと思うので、そんな時に便利なのが、台所にあるスポンジです。

スポンジのザラザラしてる方。

これで、クルクルしてあげると、意外と簡単に取れます。

毛玉はどんなにケアしても出来てしまいます。

なので、大きな心で、毛玉を受け入れ、サッと取り除いてくださいね。

PROFILE

マツイ

マツイ | Yumi Matsui

Run boys! Run girls!山梨在住スタッフとして、主にオンライン業務を担当。練習嫌いの為、レース順位も体重も変動が多く、最近は自分自身の体調管理の為、年に1度100km以上のレースに出る事を目標にしている。最近は自分自身が出場するより、サポーターとして関わることが多いが、これまでハセツネ70k、ONTAKE100、STY、八ヶ岳スーパートレイル100km、ASO Round Trail100、分水嶺トレイルなど完走。スリーピークス八ヶ岳トレイルの言い出しぺとして、現在も事務局長として活動中。