岩本町トレイルランニングクラブ 2018年度メンバー募集です!

RUN BOYS! RUN GIRLS!を拠点に活動する、本気系トレイルランニングクラブ「岩本町トレイルランニングクラブ」。4年目に突入する2018年も、一緒に活動してくれる新規メンバーを募集します。

RUN BOYS! RUN GIRLS!のゆかりです。
2017年より岩本町トレイルランニングクラブのマネージャーとして、メンバーの活躍を最前線で応援・見守り続けました。そんな私が自信を持って「イケてる!」とお伝えできる最高のチーム「岩本町トレイルランニングクラブ」が2018年度の新規メンバーを募集します。

元々は「ハセツネに向けて強度の高い練習をしよう」というコンセプトの元に2015年より発足した、岩本町トレイルランニングクラブ。在籍メンバーの多くがより高い強度の練習を求め、ハセツネだけに止まらず、100kmを超えるレースや100マイルを目指すものも増えました。また、レースだけにとどまらないランナーとしての強さやクラブメンバーとの繋がりに重きを置くなど、その目線は様々です。

岩本町トレイルランニングクラブは高強度の練習を重ねる「練習会」的要素だけでなく、個々の目線を尊重した「クラブ」としての側面を大切にしています。

では、岩本町トレイルランニングクラブとは何か?その定義は以下です。

<<岩本町トレイルランニングクラブとは>>

Run boys! Run girls! を活動拠点とするトレイルランニングクラブ。

また、Run boys! Run girls!を代表するトレイルランニングクラブである。

レースでの順位だけを目的にしない、強くてスタイルのあるランナーたちのクラブ。

大人たちがより強くなるためにしのぎを削り、互いをリスペクトし合い認め合う、そんな自立した個の集合体。

練習会とは違う、自分たちが所属していることに胸を張れる、そんなクラブ。

3年間の活動を経て、この定義を少し変更しました。
「強く・たくましく・またある面ではスマートに!」をモットーに、本当に底抜けに明るく、そしてチームメイトを思いやるような熱い想いをもったメンバーが、この岩本町トレイルランニングクラブには多数在籍しています。
私はそんなメンバーの一番のファンであり、そしてRUN BOYS! RUN GIRLS! としても大きなリスペクトをもってサポートしています。なので、この岩本町トレイルランニングクラブは「RUN BOYS! RUN GIRLS! を代表するチーム」と改めて定義しました。ショップに在籍するチームというよりは、「一緒にこのトレイルランニングシーンに貢献し、盛り上げて行こう!」という同じ目標の元に、チームを運営していきます。

また、「トレイルランニングシーンに貢献する」という部分では、2018年度よりレースボランティアへの参加を積極的に行なっていきたいと思います。
今年はスリーピークスのマーシャルやエイド設営などのお手伝いを行い、選手として「走る」だけの立場だけでなく、走る人を「支える」という立場も体感しました。

そんな感じで「選手」としての側面はもちろんですが、「クラブ」として一人では体験できないことを一緒に行なっていけたらなと思っています。

さて、「クラブ」としての説明は上記ですが、もちろん「強く・たくましい」ランナーになるため、しっかりと練習も行なっていきます。
岩本町トレイルランニングクラブは、クラブ内のチームを目的やレベル別に編成しています。

【 チームカテゴリ 】

▶︎ガチチーム(ちゃんぷ。コーチ)
 高強度の練習で総合的な力をつけ、目標レースでトップ10%を目指すチーム

「練習で泣いて、レースで笑う」をモットーに、モクレン・ドニチレン共により高強度の練習に重きをおいたチーム。距離にこだわらず(ショートレースからロングレースまで)、どんなレースでも上位10%完走を目標とします。

岩本町トレイルランニングクラブのベースとなるチームです。レベル感はハセツネサブ11~12を目指す人(目安)。2018年は「高い練習強度」がチームの最重要コンセプト。

コーチは、並木雄一郎ことちゃんぷ。が担当します。過去3年、メンバーから、練習強度、理論、効果などに対する高評価の声が非常に多かったトレーニングです。

「高い練習強度」については、参加者それぞれが個別に追い込める練習バリエーションを用意します。異なる練習で持久力・スプリント力・上り・下りなどを総合的に向上させていきます。

また、高い運動強度を確保しつつも、目標レースで結果を出したり、故障を防ぐためには計画的なトレーニングが必要です。そこで、2018年は2期に分けてトレーニング・ピーキング(コンディションのピークを調整すること)を行います。ピークを持ってくる時期については、メジャーなレースが集中するタイミングに合わせ、第1期を4・5月。第2期を9・10月とします。(ピークについては目標レースなどに基づいて各自で設定してもらいます。)また、11・12月は来季へ向けたベースアップトレーニングの期間となります。


▶︎マイラー(礒村コーチ)
 70km以上のロングレース〜100マイルを目指すためのチーム

100km〜100マイルのウルトラトレイルを目標にした、特化したチームです。
実際、今年は多くのメンバーが100km〜100マイルレースを完走しました。TDS、UTMBは出場メンバー全員が完走、KOUMIは出走・ペーサー合わせ、チームの約半分のメンバーが参加。チーム内完走率72%と好成績を納めました!
2018年は今年と変わらず、ウルトラレースを目標に活動していきます。

このチームのトレーニングのスタイルは、自分のスタイルを見つけて伸ばしたり、トレイルをもっと楽しむ中で、100マイルを走る体力、マネジメント力を身につけるなど、ちゃんぷ。コーチのガチチームとは異なります。月一のトレイルでのトレーニングも、いろいろな山域を知り、感覚を磨いたり、山と高原地図を「読める」ようになるなど、幅広い目線のものになります。
(※磯村コーチの海外取材やレース参戦等で練習日の変更・振替が発生する可能性があります。)

練習内容は以下のような内容で行なっていきます。

【練習内容】

<< モクレン >>
毎週木曜日開催のトレーニング
ガチチーム 19:30~21:00
マイラーチーム 20:00~21:30

Run boys! Run girls!に集合し、都内でできるトレイルランニング向けのトレーニングを行います。基本チームごとに別プログラムで行いますが、毎月第2木曜日は合同練習となります。また、第5木曜日は練習は原則休み。もし、天候などにより通常のモクレンが開催されなかった場合の振替日となります。

メニュー内容は、インターバル、ペース走、ビルドアップ走、ヒルインターバル、坂道ロングラン、ラダートレーニング、階段トレーニング等がありますが、必ずしも毎回オールアウト(出し切ること)が目的ではありません。年間を通じて無理のない強度でのトレーニングとなります。

<< ドニチレン >>
毎月1回トレイルでの実践トレーニング

毎月1回はトレイルでの実践トレーニングを行います。ガチチームはチーム内を2チームに走力に応じて2チームに分け高い強度を確保し、満足度の高い練習を行います。マイラーチームは様々なトレイルで100マイルに必要なスキルや知識、マネジメントを学びます。また、すべての回ではないけれど、コーチが許可する回において、自分の所属外のチーム練習にも参加可能です。

<< ゴウドウレン >>
年間通してチーム単位での練習が多くなるため、2ヶ月に1回両チーム参加の合同練習を行います。ただし、大人数でトレイルに入ることはあまり好ましくないため、グループごとにルートを分けたりします。シリアスなトレーニングではなく、交流メインのイベントと捉えてください。峠走や合宿、駅伝レースなどを企画しています。

<< その他 >>
トレイルランニングは自然を相手にするアクティビティであり、山に入る上では自然に対する知識や緊急時のスキルも求められます。そういった知識の習得機会や、レースボランティア・トレイル整備をチームの公式イベントとします。ただ走って速いだけではなく、他のランナー、他の山に入る人にも貢献できるクラブを目指します。

クラブのメンバー数は全チームで約60名。2017年からの継続メンバーもいますので、新規参加の方の枠は若干名です。Run boys! Run girls!を拠点に、強く、たくましく、またある面ではスマートに、トレイルを楽しみたい人の参加をお待ちしています!!

あと、クラブの雰囲気が伝わる写真をいくつかピックアップしましたので、参考にしてください。

昨日は、 #岩本町トレイルランニングクラブ (a.k.a #岩クラ )2017の第一回練習&懇親会でした。 初年度30人で始めたクラブも気づけば今年で60人。また、今年は岩クラの入門編である #東神田トレイルランニングクラブ (a.k.a #ヒガクラ )からのステップアップ組もいたりして、クラブ感がかなり出てきました。 2017年は、2016年からのメンバーも9割が継続。また、一旦クラブを離れたメンバー達の復帰もあったり、色々嬉しいことが多かったです。レースでトップ10を狙える逸材から、マイペースでトレイルを楽しむメンバーまで幅広くいるのもいい感じ。 実際2014年末の募集では定員の10名集まればいいと思ってたんです。それが、フタを開けたら五倍以上の応募があり、そんなに多くの人が参加を希望するならできるだけ受け入れたい、と思いここまで来ました。決して拡大しようと思ってない中で、これだけのメンバーが集まってくれていることに感謝です。 そんな岩クラ、基本は山をタフに楽しむための切磋琢磨をするクラブですが、2017年からはもう一つ目線をもちます。 トレイルランニングは支える人たちあってのカルチャー。岩クラも三年目に入り、これだけの人数が集まったのだから、トレイルランニングコミュニティを支える活動をしていきます。 レースボランティアはもちろん、レースと関係ないトレイル整備、清掃登山など、色々考えています。 自分たちでも動いていきますが、もしトレイルにまつわる人手が必要なことがあれば、お気軽にお声がけください。 ちなみにこんなに沢山いますが、普段トレイルに入るときは10人前後です。登山者さんやトレイルへのインパクトについては常に考えて行動しています。 #走ろう #岩本町TRC #OYMgram #RunboysRungirls #RBRG

A post shared by Run boys! Run girls! (@runboysrungirls) on

2017年最初の合同懇親会。

https://www.instagram.com/p/BV7K8Z3FFNo/?tagged=%E5%B2%A9%E6%9C%AC%E7%94%BAtrc

こちらはちゃんぷ。率いるガチチームのモクレンの様子。反復練習でしっかり身体に感覚を入れます。

こちらは礒村コーチ率いるマイラーチームのモクレン。

【雨ニモ雪ニモマケズ…岩本町TRC/ドニチーム】 今日は岩本町TRC・ドニチームのトレイル練習日でした。 ドニチームとは過去に岩本町TRCに参加していたメンバーによる、月1回の土日を利用し練習しているチームです。コーチは岩本町TRC・マイルチームの礒村コーチです。 . 今日は雪の残る奥多摩にて、しっかり走り込んできたみたいですよ! . 日々仕事などに時間をとられ、なかなかゆっくり練習ができない…… なんてついつい言いたくなっちゃいますけど、このドニチームのメンバーは違います。 練習が月1回の分、日々のトレーニング内容をメンバー同士で開示し、士気を高め合っています!! 自分に負けない、言い訳しない。ドニチームのメンバーの活動には、いつもグッときてしまう私がいます。 . 昨日の自分を越えるのは、他でもない自分。 彼らの強さは今後大きな力を発揮することでしょう。 . 岩本町TRC、ドニチームにもますます期待です!!(ゆ) photo by yusuke_sato #RunboysRungirls #RBRG #岩本町TRC #イワクラ #岩本町トレイルランニングクラブ #OYMgram #走ろう #越えよう昨日の自分

A post shared by Run boys! Run girls! (@runboysrungirls) on

月に1度のトレイルでの練習(通称:ドニチレン)では、様々なトレイルにて実践トレーニング。

#岩本町trc

A post shared by 市村尚也 (@ichim1223) on

時には海あり!?(気持ち良さそう!!)

コーチはこのお二人です。(左:礒村コーチ、右:ちゃんぷ。コーチ)

コーチ自身もメンバーとの練習を楽しんでいます。

人気のトレランレース「八ヶ岳スリーピークス」の歩荷ボラも行いました。

レース当日はマーシャル・スイーパーも!

・ ☆岩本町TRC 夏合宿☆ ・ 総勢40名を超えるイワクラメンバーで8/5・6の2日間でキツく、楽しい合宿をして参りました!! ・ なんと!!あの!! 世界のトレイルランナー、山田琢也さんがスペシャルコーチをして下さいました! ・ DAY1 志賀高原一の瀬スキー場の直登から始まる、約15kmのトレイル。 少し霞んでいたものの、標高2295mの岩菅山山頂へたどり着くとみんな笑顔〜♩ 夜はBBQで大盛り上がり! ・ DAY2 朝6時からの朝練に始まり、木島平名物の“根性坂”でトレーニング。前日のお酒も何のその?w それぞれのスピードは違えど、すれ違うメンバーにお互い声をかけ合い、励まし合う! 辛いのは皆一緒、まさに大人の部活といった感じでした。 メンバー同士、ビリビリ刺激受けました! ・ 励まし合う仲間がいるって素晴らしい☆ 刺激し合うライバルがいるって素晴らしい☆ やっぱり走るのが好き! 山を走るって楽しい! 素直にそう思えた2日間でした。 ・ やる時は真剣に、遊ぶ時はとことん遊ぶ そんなイワクラメンバーは最高です! 山田琢也さんありがとうございました!!!(キ) ・ photo by ちゃんぷ。 ・ #岩本町TRC #イワクラ #runboysrungirls #rgrb #山田琢也 さん #スポーツハイムアルプ

A post shared by Run boys! Run girls! (@runboysrungirls) on

2017年の夏合宿は、全チーム合同で開催。山田琢也さんをゲストコートにお迎えしました。

メンバーの役半数が参加したKOUMI100。今年いちばんの思い出。最高な時間でした!

ご応募は以下の詳細をご確認ください。
ご応募は募集要項内にある書類をご記入の上、RUN BOYS! RUN GIRLS!スタッフに直接お渡しください。

<< 岩本町トレイルランニングクラブ >>

概要:継続的な練習を通じてトレイルランニングの走力向上を図るクラブ
対象:クラブの所属メンバーとしての意識を持ち継続的に練習に参加できる方(応募資格あり)
講師:並木雄一郎 / 礒村真介
会期:第4期 2018年1月〜12月(第1回 2018/1/4(木))
選考:頂いた応募内容を元に選考します。先着順ではありません。
締切:募集締切 2018/12/28(木)必着
発表:選考結果は 2018/12/31(日) までにご連絡さし上げます。

<練習内容>
○モクレン
開催日時:毎週木曜日開催、19:30~21:00(ガチ)20:00~21:30(マイラー)
開催場所:皇居をはじめとするRun boys! Run girls!周辺
テーマ:「高強度」「垂直方向も意識」「トレランスキルUP」
メニュー内容:インターバル、ペース走、ブルドアップ走、ヒルインターバル、坂道ロングラン、ラダートレーニング、階段トレーニング等(コーチのスケジュール・天候等により別曜日に振替になることがあります)

○ドニチレン
開催日時:毎月1回土日不定期開催
開催場所:トレーニングに応じて随時決定
テーマ:「スタミナ養成」「山力養成」「スキル習得」
メニュー内容:トレイルでの実戦トレーニング
ガチチーム日程:1/27(土), 2/24(土), 3/24(土), 4/21(土), 5/26(土)
マイラーチーム日程:1/7(日), 2/3(土), 3/4(日), 4/1(日), 5/6(日)

○ゴウドウレン
開催日時:2ヶ月に1度
テーマ:「コミュニケーション」「お楽しみ」
メニュー内容:峠走、レース試走、合宿等

<募集内容>
募集人員:追加メンバー若干名

<応募資格>
○クラブに対して帰属意識を持ち、1年間継続的に練習に参加する意思のある方
○実力向上にむけてハードなトレーニングを積む意欲がある方
○トレイルにおいて他者をリスペクトできる方
○自然のリスクを理解し、フィールドにおいて分別ある行動が取れる方
○レースボランティアやトレイル整備などのクラブ行事に参加できる方

<費用>
○入会金:5,000円(チームTシャツを配布します)
○年会費:5,000円(保険料および事務手数料)
○月会費:8,000円(モクレン+ドニチレン+ゴウドウレンの月額受講費用)

<お申し込み>
以下の書類をプリントアウトしご記入ください。
ご記入いただいたものをRUN BOYS! RUN GIRLS! 店頭にてスタッフにお渡しください。
営業時間(12:00~21:00)外の場合は、RUN BOYS! RUN GIRLS!のポストにお入れください。

岩本町トレイルランニングクラブ_2018年度新規メンバー申込書

<その他>
応募に際しての質問等ございましたら info(a)rb-rg.jp までお問い合わせください。※(a)を@に変えてください