アカウント カート
商品を探す

BLOG

2021年6月10日

リョウ リョウ

0

初めてのセンゴ@OTT

今年の上半期のテーマとして「スピードとトレイルの両立」を掲げていました。

5,6月にエントリーしてたトレランレースは中止になってしまったものの、週1回はトレイルに入っており、トラックやロードでのポイント練習を週1~2、ウェイトトレーニングも週1〜2回という練習サイクルをこの2ヶ月ほど継続しています。


その途中経過の確認として、先月5/16にOTT1500mを走ってきました!

レースプラン

目標は4:15切り。

1500mは初めてだったので、とりあえず目標に対してのイーブンペース400m 68秒で回り、ラスト300mはできればあげるというプラン。

ちなみに、OTTはトラックレースながらも和やかな雰囲気で、終始会場は賑やか。1つの組に対して複数人ペーサーがいたり、レースプランのアドバイスやスタート前にレースペースでの流しがあったりと、タイムを出すための工夫も各所にあり、はじめてのトラックレースにもオススメです。


レース展開


初めは予定通り、400mを余裕を持って68で入る。予想以上に前に人がいるけど、そこには着かず、自分のペースを刻み、その次の1周を67で周り、1000mの通過は設定通りの2:50。

この時点で、キツさはあるけど、まだ限界じゃないし、もう一段上のギアが残っている感覚。ラスト1周の時点ではスパートはかけず、スタート前のアドバイスの通りラスト300mからスパート。そこからラストまで失速することなく、ゴール。

フィニッシュタイムは4:12.7で目標達成。

終わってみると、キツい時間はほとんどなかったんじゃないか、と思うほどあっという間。

短い時間ながらも、スタートから1秒も気が抜けないヒリヒリ感、緊張感、1500mという距離のなかで全ての力を出し切る難しさと出し切った後の爽快感。

トレランともマラソンとも違った1500mという絶妙な距離の魅力にハマりました。


自分として最も結果を出したい、100マイルのトレイルとは一見結びつかない1500mですが、必ずこのスピード強化が自分の目指すところに繋がると信じて、引き続きトレイルとスピードを並行してやっていこうと思います。

PROFILE

リョウ

リョウ | Ryo Murata

村田 諒、1992年生まれ、トレイルランニングにハマりすぎて高尾に引っ越し。リモートワークという働き方をしながら仕事もトレランも場所を問わず、思う存分楽しんでいます。2018年STYニューヒーロー賞、アジア各国のミドルレンジレースで入賞を果たす。2019年にはHURT100で100マイラーに。今後はロングトレイルをメインに走っていきます。

WEB: http://mroom.jp/

PICK UP

RELATED POST

商品を探す
閉じる