アカウント カート
商品を探す

BLOG

2019年8月6日

TOMO TOMO

14

出張版トモズセオリー#6「VOLCANIC50」

久しぶりに50KM走ってきました。

レース名は「VOLCANIC50」というGo Beyond Racingが主催するレース。

シアトルから約2時間半、オレゴン州のポートランドからは約1時間半に位置しているマウント・セント・ヘレンズをグルッと1周するコース。

マウント・セント・ヘレンズは29年前に大噴火を起こし、今でも何百万本もの木々が倒壊していて、河口付近の植物は未だに壊滅状態、泥湖、溶岩があたりを殆ど埋め尽くした景色は宇宙に行ったことがないけど宇宙っぽかった。

小規模の火山活動は未だに続いていて、走りながらも火口内の溶岩ドームから水蒸気が吹き上がっているのを何箇所も確認できました。

レースは目標だったSUB6から程遠い6時間46分の総合11位。

標高が低いところで800M、高いところでも1500Mくらいしかないんだけど、終始息が上がって追い込めないような状態が続いて、結果的にほとんど追い込めずに終了。

お陰で身体への疲労やダメージが全くないので、次の練習へもスムーズに進めるので前向きに捉えて、今年のメインレースの信越に向けて引き続き頑張りたいと思います。
 

<< Training Peaksの運動履歴 >>

レース後はレースのスポンサーである「10 BARREL BREWING CO」のIPAビールを完走賞のグラスで飲みながら、残りの選手の完走をゴールで見守りつつ、現地のトレイルランナーと交わす会話を楽しみました。

今までレースは100マイルばかりにこだわっていたけど、トレーニングの位置付けとしては、短い距離を積極的に取り組みたいと思ったし、単純に一日でサクッと走って終われる大会は新鮮味があって良かったです。

このレースはマウント・セント・ヘレンズをグルっと一周できる魅力以外にも、アクセス面、過ごしやすい季節、素敵な大会主催者、スタート/ゴールが一緒、などなどとお勧め出来る理由は沢山あるので機会があれば是非とも多くの方に走ってもらいたいと思いました。

参考までに日本から弾丸で行く場合はこんな日程。

金曜日:出国(JPN > PDX)
金曜日:アメリカに到着
土曜日:レース
日曜日:帰国(PDX > JPN)
月曜日:日本に到着

ただ、出来れば日曜日にポートランドを観光して月曜日に帰れたらレースも観光もギュッと凝縮できて最高か!になると思います。

ではまた!

TOMO

PROFILE

TOMO

TOMO | Tomokazu IHARA

井原 知一、2007年、IT企業から、スポーツ商社へ転職。当時、身長178センチ、体重98キロ、BMI32の肥満。直後、その体格から、BMIを下げるダイエット企画の社員サンプラーとなる。1日30分、毎日トレッドミルで走った結果、3ヶ月で7キロの減量に成功。それ以来走ることがライフスタイルとなり、トレイルランニングとも出会う。
-
10年前、はじめて走った5キロは「挑戦」だったが、今では100マイルを走れるようになる。100マイルの楽しさにはまり、現時点で100マイルを47本完走(2019年1月時点 日本人最多)。現在の夢は100マイルを100本完走することと共に走る楽しさを広げていくこと。

WEB: https://tomospit.com/

PICK UP

RELATED POST

商品を探す
閉じる