アカウント カート
商品を探す

BLOG

2020年3月2日

ヤング ヤング

115

キリアンも大好きなビスケットの作り方

ついこの間オートミールなるものを試しに食べてみたのですが、これがちょっと慣れが必要な食べ物でして…

オートミールの説明として、白米の約20倍の食物繊維と鉄、ビタミンB₁と言った栄養素が豊富に含まれる食材で、おまけに低GI(血糖値が急激に上昇しにくい)というまさにランナーにぴったりの食べ物なのです

同じランボーアスリートの方でも朝食で食べている方がいますね~

オートミールの食べ方は、おかゆ風やシリアル風、インスタ映え的な食べ方のミューズリーとたくさんの食べ方があります

その中でも一番おいしく食べられそうだと思ったのがビスケットでした

そういえばオートミールを使ったレシピが載っていた本があったな~と一冊の本を探しました

それがこの本「走ること、生きること」俗に言うエミリー本ですね

普段、キリアンやエミリーが食べている物のレシピがいくつか紹介されています。

というわけで今回はその中の一つのレシピを参考にビスケットを作っていきたいと思います。

今回使った材料は

バター150g、小麦粉200g、オートミール200g、ナッツ適量、板チョコ2枚

掲載レシピとは若干違いますが大丈夫なはずです(笑)

バターをヴィーガンの物に変えればヴィーガン仕様にも出来ます

というわけで、ビスケットづくりを始めたのですが、そもそもお菓子なんて作った事がないので、ここからはかなりざっくりとした作り方となります。

まず、ナッツと板チョコをそれぞれ適当に砕きます。

次に材料全部をボウルに入れてこねます。

最後に焼いて終わりです。

バターを新品の箱の3/4も入れたのでかなり不安でした(ここは分量通り)

それに加えて、バターがカチコチでこねれなかったのでレンチンする事をおススメします!

こねた生地を味見してみましたが美味しかったので期待が高まります!

それをオーブンに乗せて190度で10~15分焼いて終わりです

全然時間かからないし意外と簡単だなと思っていたところに事件が起きました

こっ、、、焦げた…、どうやら焼き過ぎたようです

なんでや~という事でTake2

今回は上手く出来ました~

途中で焼き色を見ながら時間調整したほうがいいですね(笑)

肝心の味の方は丁度良い甘さでオートミールやナッツによって食べ応えもありました。

ただ、卵等を入れていないので生地にまとまりがあまりなくパサッとした印象でした。(作り手の問題かもしれませんが…)

というわけで、オートミールを使ったヘルシービスケットのご紹介でした

普段の間食にもいいかもしれませんね!

気になった方は是非作ってみてください!

きっと僕よりおいしく出来るはずです(笑)

PROFILE

ヤング

ヤング | Kento Koshimizu

年が若いこともあり、皆さんからはヤングと呼ばれています。春夏秋冬季節を問わず、マウンテンアクティビティを楽しんでいます。レースは草レースが中心、ループ好き
-
主な草レース記録:Old market100(古市場陸上競技場400mトラック×400周)、Ikuta100(生田緑地5km×32周)、皇居100(皇居5km×32周)、JIKKA100(東京から山梨までの100マイルを走って帰省)

PICK UP

RELATED POST

商品を探す
閉じる