アカウント カート
商品を探す

GEAR

2020年4月7日

クワバラ クワバラ

151

日常からランニングまで履きっぱなしのスウェットパンツ This is my sportswear / TIMS 003 Running Sweat Pants v3

This is my sporrtswearの定番になってきた、人気のランニングスウェットパンツ。今年もマイナーアップデートを加え戻ってきました。気候的には暖かくなってきましたが、裏毛素材(=起毛ではない)ですのでまだまだこれからの時期にも重宝すると思います。

もう3代目になるこのスウェットパンツですが、ありがたいことに発売後すぐに完売してしまったりしていて、意外と今までちゃんとしたレビューは書いていませんでした。ということで、改めてこのスウェットパンツのこだわりポイントと、今年のバージョンでの変更点をまとめてみました。
 

基本コンセプト

This is my sportswear(以下TIMS)というのは、Run boys! Run girls! オリジナルのブランドです。今ではそういうブランドもだいぶ多くなりましたが、日常とスポーツを行き来できるウェアやギアを作っています。

このランニングスウェットパンツは文字通り、ランニングで使用できるスウェットパンツ。

僕はその風合いや履き心地からスウェットパンツが大好きなんですが、いざ手持ちのスウェットパンツで走ろうとすると、コットン製で汗を吸ってしまったり重量が重く、ちょっとなぁ…といったものが多かったんです。

でも、スウェットパンツは大好きなんで、履いて走りたい。そこで、スウェットパンツの風合いや履き心地はそのままに、ランニングでも使えるスペックを落とし込んだのがこのRunning Sweat Pants。

生地は、ポリエステル100%で吸水速乾性をもたせていると同時に、従来のスウェットパンツより薄手の素材を用いて走る際の重さを軽減しています。

パターンは、股関節付近の可動をしやすくなっているのと、膝から下にかけてテーパードしていて、走った時にウェアが邪魔にならないよう工夫をしています。同時に、履いた時にシルエットの綺麗さもこだわっています(写真右は、157cmの女性がXSサイズ着用)。

左右についたポケットはスマートフォンを入れた時に揺れずにジャストフィットするサイズになっています。一方、日常生活でもお財布などを入れれるように浅めのヒップポケットもつけました。全てのポケットはランニング中の物が落ちないようにジッパーがついています。

と、基本はランニングのことを考えて作ったスウェットパンツですが、TIMSのコンセプトにのっとって、日常とスポーツを行き来できるウェアになっています。

僕はランニング以外でも、日常生活、トレーニングの行き帰り、旅行、部屋着等、様々な状況で愛用していますし、過去に購入してくれた方からも、「履き心地が良いのでついつい履いてしまうという」などというお声を頂いています。

と、そんな感じで、ランニングを含めて1日中使えるスウェットパンツをお探しの方は是非、お試しください。
  

v2からの変更点

 

生地

v3からBRINGのスウェット生地を採用しました。ポリエステル100%で吸水速乾性にすぐれながらコットンのような風合いと肌触り。加えて、BRINGプロジェクトによってリサイクルされたポリエステルを使用しています。履くだけで少しリサイクルに協力できるのがBRING製品の良い点です。

※BRINGスウェットで用いられている再生ポリエステルは中糸と呼ばれる表地と裏地をつなぐ糸のみになるため、再生ポリエステル100%ではありません。

 

シルエット

2017年発売のv1は股関節周りは可動を重視してゆったりしつつ、裾部分は強めのテーパード(ヒザ下にかけて細くなる)がかかったシルエットでした。

ただ、ちょっとおしり部分が見た目的にゆるいという声があったので、2018年発売のv2ではお尻をタイトにしました。逆にヒザ下のテーパードは若干緩くなりました。

v3はお尻部分のゆるさを抑えつつ、膝下のテーパードを再び強くしたシルエットになっています。個人的に一番バランスが取れたシルエットだと思っています。(写真右は、180cmの男性がLサイズ着用)

 

ポケット

v2ではサイドのポケットが少し大きくなり、ヒップポケットのジップを省略しましたが、v3では再びサイドのポケットをタイト(スマートフォンが丁度収まるサイズ)にし、ヒップポケットのジップを復活させています。
 

ウェスト

ランニング時の安定性を重視して、太めのゴムを入れていますが履き続けていくうちにゴムがよれたりねじれたりしてしまうのが旧モデルの弱点でした。v3ではゴムがねじれない仕様になっています。
 

毛羽(けば)

コットン製のスウェットからみて、ポリエステル製のスウェットの一番の弱点は毛羽です。結論から言うとこのスウェットも毛羽は立ちます。ただ、v2の生地よりは毛羽が少なくなっています。また、生地の色や風合いから毛羽が目立ちにくいかなと思います。


以上、This is my sportswear / TIMS 003 Running Sweat Pants v3 のコンセプトと変更点のご紹介でした。一回履くとずっと履いてしまうくらい履き心地のいいパンツなので、是非お試しいただきたいです!

価格は12,800円+税、サイズはXS~Lサイズ。XSサイズは女性も着用できますよ!

(現在商品は完売しています)

PROFILE

クワバラ

クワバラ | Kei Kuwabara

Run boys! Run girls! 店主。体重が増減しがち。その分ダイエット得意がち。現在、ファットアダプテーションを取り入れて体重を落としつつ、脂肪の燃えやすい身体を作っています。また、2020年に何かの大会で10位以内に入るプロジェクト」通称「にな10」を立ち上げ、パフォーマンスをあげています。UTMF、UTMBや、Pine to Palm(Oregon / 100mile)、OMM (UK)などを完走しています。

PICK UP

RELATED POST

商品を探す
閉じる