アカウント カート
商品を探す

BLOG

2019年12月24日

クワバラ クワバラ

330

ランボーズのサテライトチーム、“RBRGTRC Shonan葉山”発足!

先日、Run boys! Run girls! Trail Running Club(通称ランボーズ)の2020年新規メンバー募集をし、ちょうど選考を経て新規メンバーが決まったタイミングではあるのですが、新たに神奈川県の三浦半島~湘南方面をベースに活動するサテライトチーム、“RBRGTRC Shonan葉山”を立ち上げることになりました。

本来なら先日の募集のタイミングで一緒にご案内すべきだったのですが、その時点でこの構想はまだ固まっておらず、僕とこのチームの発案者である礒村コーチ(礒さん)の間で内容をしっかり詰めたかったので、遅れてのご案内になってしまいました。ごめんなさい!

まず、ランボーズってどんなクラブなの?というのは、先日ご案内した募集案内ページをお読みください。かな〜〜〜〜り長文ですが…。

にしても、どうしてこのタイミングでShonan葉山サテライトを立ち上げるのか? それは礒さんの熱い想いがベースになっています。ここからは、礒さんにバトンタッチして、その想いを語ってもらいます。

なぜ、Shonan葉山サテライト!?

ランボーズの総監督、礒村です。

「どうして、Shonan葉山サテライトを立ち上げるのか?」

それは、クラブの総監督である僕、イソムラが葉山に住んでいるからです。

そもそもランボーズを立ち上げたときの裏テーマが「東京だからこそのトレイルランニングクラブ」でした。裏山どころか坂道や階段も少ない東京都心部だからこそできること。それは情報が集まりやすかったり、ホームマウンテンがないかわり各地のいろんな山へ行きやすかったり。平日夜のモクレンではアスファルトを走るので信号待ちが生じます。でもそれをポジティブにとらえて楽しめること。年イチ義務のトレイル貢献活動では長野県~新潟県にある信越トレイルの整備をお手伝いさせていただくなど、ローカルトレイルのない都心部ならではの活動を“レペゼン東京”気分でやっています。ランボーズ立ち上げ時は僕も東京近郊に住んでいました。

そして時は2020。家族構成や仕事の変化があって、今は神奈川県の三浦半島にある葉山町に移り住んでいます。ここでホームマウンテンのある生活を送るうちに、ふと「ここでもランボーズをできないだろうか」と感じました。レペゼン東京とはちょっとだけ違う、このあたりローカルな何かを。裏山をベースにして真剣に遊んで、たまにはそのフィールドの整備へも貢献したい。

僕のもうひとつの仕事は雑誌などの編集やテキスト書きです。この生業は、つきつめると「自分がよいと思う何かを人に薦める」ことかなと思っています。トレイルランというアウトドアアクティビティの面白を伝えて、広げる。そのことが自分自身でも楽しい。それを雑誌やWEB以上にダイレクトにできるのがランボーズでした。

なぜ、Shonan葉山でランボーズ、つまり「お店がない場所なのにランボーズ」なのかというと、僕の感じるトレイルランニング/ウルトラトレイルの魅力ってRun boys! Run girls! の店主・桑原さんが考えていることとほとんど一緒だから。二人でとくに話し込んだこともないけど、かなり近しい。

でもそれ以上に、ランボーズというクラブがたまらなくファンで、エキサイティングだったから。クラブ立ち上げ時は、編集ライターとしての取材を通じ、各地のトレイルランやさまざまなアスリートから感じたことクラブメンバーにフィードバックする…なんて殊勝なことを考えていました。その考えはいまも変わらないけれど、クラブコンセプトの「より強くなる」を追求するうちに、楽しく切磋琢磨できる仲間ができた。こんなに面白いことそんなにないよ、世の中に! そう感じさせてくれたメンバーや場だからこそ、ランボーズShonan葉山なんです。

だからRun boys! Run girls! Trail Running Clubのサテライトはこの場所のほかにできることも無いだろうし、最初で最後の例外です。Shonan葉山という仮称は、平日の夜練を「JR逗子駅」にて、あるいは鎌倉駅に集合して行うつもりだから。葉山って電車が通ってないんです。

内容や目指すものはランボーズのメインチーム・マイラーチームと同じで、要綱などは下記をご覧ください。ウルトラトレイルをストロングフィニッシュすることが目標です。既存のマイラーチームと違うのは、月1回のドニチレンを神奈川県内でサクッと凝縮して実施すること。走ったあとに自宅でブランチを、あるいは昼食を食べられるように。

一方でもっと長くツーリングしたいよという場合はマイラーチームのドニチレンに振替参加が可能です。同じクラブですから、そこらへんは柔軟に。普段の練習にも、現ランボーズのメンバーで逗子・鎌倉に住む先輩たちがアニキとして参加、引っ張ってくれる予定です。

個人的にも2020年はトレイルランナーとして心躍るでっかいチャレンジをしようと企んでいます。これはまた別に、ランボーのブログでお知らせしますね。そのシーズンだからこそ、ランボーズとしても新しいことをしたい。平日夜練の曜日や開始時間などは実際に集まったメンバーの次第で変えていきたいし、変わっていくべきかなと思っています。だからまずはプレシーズンとしてスタートします。

ランボーズに参加したいけれど、距離的な問題で参加できなかった、湘南〜三浦半島エリアの皆さん。ランボーズ唯一のサテライト、Shonan葉山を一緒に築きましょう!

(以下はランボーズの前身、岩本町TRCで行った葉山練習の様子です。Shonan葉山チームもこれに近いスタイルになります)

 

募集要項

<< RBRGTRC Shonan葉山サテライト 2020 >>

概 要:継続的な練習を通じてトレイルランニングの走力向上を図るクラブメンバーの募集
対 象:クラブへの帰属意識を持ち継続的に練習に参加できる方
講 師:礒村真介(いそむらしんすけ)
拠 点:逗子駅・鎌倉駅周辺
会 期:2020年1月〜12月(1月は無料体験期間)
選 考:頂いた応募内容を元に選考します。先着順ではありません。
締 切:2020/1/3(金)22:00
発 表:2020/1/6(月) までにご連絡さし上げます。
費 用:入会金5,000円 / 年会費5,000円(保険費用)/ 月会費7,000円
定 員:15名

<< 応募資格 >>

・クラブに対して帰属意識を持ち、継続的に練習に参加する意思のある方
・実力向上にむけてハードなトレーニングを積む意欲がある方
・トレイルにおいて他者をリスペクトできる方
・自然のリスクを理解し、フィールドにおいて分別ある行動が取れる方
・三浦半島や湘南地区において、トレイル整備などのトレイル貢献活動に参加できる方

<< 選考基準 >>

ハセツネサブ14、フルマラソン サブ3.5程度の走力のある方。あるいはその走力をベースとしたトレーニングに食らいつく気概のある方。マラソンやトレイルのレースタイムをベースに選考を行います。

<< チームのキーワード >>

全般:トレイルで「強くなる」→自分のスタイルを見つける、トレイルで「もっと楽しめる」→体力・マネジメント力、三浦半島・湘南をベースにトレイルのコミュニティに積極的に関わる

ヘイジツレン:トレイルランに特化した高強度トレーニング、激坂インターバル・栄光の階段・ヒルインターバル・ペース走など、補強・体幹筋トレ、一人で出来ない練習。基本的にロードの舗装路にて行う予定

ドニチレン:三浦半島や鎌倉をはじめ、神奈川県の山域にて早朝~昼前の3時間程度、ピリッとしたトレイルランおよびロード峠走が中心

<< スケジュール >>

毎週水曜日19:30〜ヘイジツレン(月4回) / 月1回ドニチレン

※ヘイジツレンの集合場所は基本的にJR逗子駅を予定。メニューによっては鎌倉駅とする可能性もあり。逗子駅近くの提携店舗でランニングステーション的な荷物預かり可(仕組みを相談中)、あるいはコーチの車にて荷物預かり予定

ヘイジツレン:
1/9(木)、22(水)、29(水)…ここまで体験期間
2/5(水)、12(水)、19(水)、26(水) 
3/4(水)、11(水)、18(水)、26(木、東京にて合同レン)  
4/1(水)、8(水)、15(水)、22(水)

※1/8(水) 20~21時にキックオフブリーフィング
→1/9(木) Run boys! Run girls! にて、他チームと合同ブリーフィングに変更しました。

ドニチレン:
1/12(日)、2/1(土)、3/7(土)、4/18(土)

※1/12(日)に初回ドニチレン@葉山 キックオフ座学&坂トレで午前中いっぱいを予定
※2月以降、マイラーチームのドニチレン(別日程が基本。月2回あります)へも振替可。年間6回程度までを予定
※5月以降は5/23(土)、6/13(土)、7/5(日)、8/9-10全体合宿、9/6(日)、10/17(土)、11/7(土)、12/12(土)を予定


ドニチレン:
1/12(日)、2/1(土)、3/7(土)、4/18(土)

※1/12(日)に初回ドニチレン@葉山 キックオフ座学&坂トレで午前中いっぱいを予定
※2月以降、マイラーチームのドニチレン(別日程が基本。月2回あります)へも振替可。年間6回程度までを予定
※5月以降は5/23(土)、6/13(土)、7/5(日)、8/9-10全体合宿、9/6(日)、10/17(土)、11/7(土)、12/12(土)を予定

<< その他 >>

※2020年は、1~4月をプレシーズン、5~12月を本シーズンとします。
※1月は無料体験期間とします。
※プレシーズン中は入会金が発生しません。5月以降も継続参加される場合は入会金をお支払いください。
※ランボーズのクラブ会員対象の各イベントや合同練習に参加可能です。

 

お申込

以下のフォームよりお申込ください。
https://forms.gle/hDVJJFxxXUUAd1Tw5

PROFILE

クワバラ

クワバラ | Kei Kuwabara

Run boys! Run girls! 店主。体重が増減しがち。その分ダイエット得意がち。現在、ファットアダプテーションを取り入れて体重を落としつつ、脂肪の燃えやすい身体を作っています。また、2020年に何かの大会で10位以内に入るプロジェクト」通称「にな10」を立ち上げ、パフォーマンスをあげています。UTMF、UTMBや、Pine to Palm(Oregon / 100mile)、OMM (UK)などを完走しています。

PICK UP

RELATED POST

商品を探す
閉じる