アカウント カート オンラインストア

BLOG

2022年1月20日

トモミ トモミ

43

vol.13 ヘビーユース3選〜2022冬〜

気付けば年が明けて半月以上経ちます。

改めましてランボーブログ読者の皆様、あけましておめでとうございます。2022年はランも仕事もプライベートも、インプットとアウトプットをきちんとやっていきたいなーなんてざっくりと考えております。

さてさて、今冬はめちゃめちゃ寒い日々が続きますね。陽が出ていない早朝や夜間帯は特に寒い…。寒がり出不精のわたしは走る気力はおろか家から出る勇気が振り絞れず、走れない日々を送っております。

そんな寒い冬に自分の背中を押して走るモチベーションを上げてくれるアイテムをご紹介します。

①パタゴニア エアシェッドプロプルオーバー

元々冬のランニングは同パタゴニア製の“フーディニ・ジャケット”を愛用していました。「いわゆるウインドブレイカー的なアイテム」ですね。

しかし、去年からこちらを使ってみたところ、あまりの使いやすさと快適さで、今はほぼこちらを使っております。

最近の写真遡ってもほぼコレしか着てません。

エアシェッドプロプルオーバーの特徴としては、

  • フーディニジャケットよりも通気性の良いボディ
  • フードと袖の部分がキャプリーンの生地でできているため肌当たりが良い。またフードと袖で汗を拭うことが可能
  • 袖が長めのつくりなので、手袋が要らない(よほど寒くなければ)
  • フロントはダブルジッパーになっているため、ジッパーの上げ下げで体温調節可能
  • インナーに着るベースレイヤー次第で、夏以外の3シーズン使える。

などなど。

寒い今の時期はインナーに、パタゴニアのキャプリーンミッドウェイトやキャプリーンデイリーを着ることが多いです。ウィンドシェル的なジャケットだと、防風機能が働いている分汗抜けしにくくなり途中で脱ぎ着が必要になってきますが、このエアシェッドプロプルオーバーだと脱ぎ着の必要がありません。

11月に仙元山100マイルを走った際は、夜間〜日の出までコレ1枚で対応できました。まだ夜が冷える春先のロングレースでも活躍間違いないと思います。

 

②フーディニ パワーリストゲイター

7年くらい愛用しているのでボロボロですがまだ現役。

ロングレースなどは普通の指先まである手袋を携帯しますが、冬場そこら辺を走るのにはこっちで充分。

普通の手袋だとすぐオーバーヒートしてしまうし、手の甲があたたかいだけでだいぶ違います。(ちなみに自転車乗る時もリストゲイターを使っていますが流石に寒いです)

③バスソルト

走った後に銭湯や温泉に行くのもいいですが、お風呂であったまってすぐ寝たい派なので自宅でのお風呂時間を大事にしています。

夏場はシャワーで済ませがちですが、今の時期は毎日1時間は浴槽に浸かっているので、日々使う入浴剤は大事だな〜と。

Amazonで見つけてこちらのバスソストを1年くらい愛用しています。半身浴で汗ダラダラ出てスッキリ、目覚ましのアラームをスルーできるくらい快眠できるのでオススメです。私はこの製品を使い続けていますが、似たような製品が沢山あるので、色々試してみてください♪

まだまだ寒い日々が続きそうですが、早く暖かい日差しを浴びたいですね〜。

トモミ

PROFILE

トモミ

トモミ | Tomomi Tsutsumi

堤 智美
90年代のヴィジュアル系を愛する元万引きGメン。6年前、ダイエットのためランニングとトイレルランニングを同時期に始める。今は走り終わった後ご飯を美味しく食べるために走っています。
 
TOMOMI'Sセオリーは「40km走った後はラーメンの汁は全部飲み干す」
 
主な出走レースは、ONTAKE100k,上州武尊140k,UTMF(山中湖126k),彩の国100k。昨年、島根の草レース「からすてんぐ100」で初めて100マイルを完走。
 
主な練習場所は高尾・男坂・エニタイムフィットネス。もくもくTRC所属。

PICK UP

RELATED POST

商品を探す
閉じる