アカウント カート オンラインストア

BLOG

2022年5月6日

テイシュ テイシュ

107

次はOSJ奥久慈トレイルレース

このブログでも紹介したように先日OSJ新城トレイルレースに参戦しました。

レース後はさほどダメージはありませんでしたが、10日間ほどリカバリー休養。その10日間はランオフしてジムのプールで泳いだり、軽くエアロバイクを漕いだりあまり負荷をかけず疲労を抜きました。

自分にとって、次のレースへ向けてのトレーニング開始前のフィジカル&メンタルの疲労を抜くのに、レース後のリカバリー期間はとても重要な時間です。

次に参戦するレースは5/29のOSJ奥久慈トレイルレースです。

こちらのレースはコロナ前の2018、2019年にランボーズのメンバーと皆で参加し、合宿のような感じで盛り上がったので今年もまたガチチームで参加することにしました。

コースは約60kmの累積3600~3700m、標高は高くないけど小刻みなアップダウンが続き、テクニカルな下りやジャングルのような沢を渡渉しながら進み、峠走から長い林道を走り、最後にまた小刻みなアップダウンが待っているという、かなりハイレベルで最高に楽しいコースのミドルレンジレースです!

例年とても暑くなるので後半は耐久レースのようなボロボロになりながらゴールしています。これまでは

2018年8時間33分
2019年8時間31分

でゴールしたのでなんとか過去の自分に勝ちたいです。 

参戦する皆さん楽しみましょう!

2019年ガチチームで参加!

奥久慈トレイルレースへ向けての練習アドバイス

レースでは小刻みなアップダウンが続いた後に長い走れる林道(大体35㎞地点~10㎞位)があり、ここは走ってタイムを削るパートになります。日々練習の中で坂や階段練の後にしっかり平地を走る練習を取り入れておくと良いです。

レースではその後に再度小刻みなアップダウンが待っているので、平地を走った後にまた階段などの練習をして足の重さを疑似体験しておくのも良いと思います。

坂階段→平地→坂階段

ではまた!

ウルフ

PROFILE

テイシュ

テイシュ | Teishu Kohata

木幡帝珠 a.k.a. ウルフ、RBRGアスリート/ランボーズ・コーチ・1979年生まれ・神奈川県在住・ミドルレンジから100マイルまで様々なレースに参戦中/後半追い込み型/趣味はカレー、サウナ/ウルフ道場師範
2018:OSJKOUMI100優勝
2019:Taiwania UltraTrail3位、UTMF10位、UTMB31時間完走
2020:奄美ハナハナウルトララン優勝

PICK UP

RELATED POST

商品を探す
閉じる